サンティアゴ空港に関して【南米チリ】ミニバス誘導者に注意!

海外情報
dav
スポンサーリンク

南米チリのサンティエゴ空港で、危うく騙されそうになりました。

 

空港から市街地

空港から市街地は、シャトルバスが走っています。

 

ここで注意なのですが、日曜日も走っています

 

料金

1900CLP(チリペソ)

約300円です。

 

 

ミニバス誘導者に注意!

飛行機から降りて、少し迷っていると、他の国の空港同様、タクシーの客引きがいます。

 

タクシーを使わない人にとっては非常にうっとうしいもの。

 

とにかくノー、ノーと言って追っ払います。

 

その後にもっともらしい顔をした、自称空港公認?の案内係がミニバスに誘導してきます。

 

ぶら下げている名札を見せてきて、僕は怪しくないと言わんばかり。

 

人当たりもよく、身なりもきちんとしているので、まんまと話に乗ってしまいます。

 

その人の話によると、この日は安価なシャトルバスは走っていないとのこと。

 

ミニバスに乗るように言ってきます。

 

その男についていくと、奥まった場所に誘導されます。

 

おそらく正規のミニバスなのだろうと思われますが、自分としては安価なシャトルバスに乗りたかったし、ATMも勝手に操作されていたので、不信感もありましたので、改めてシャトルバスを探しました。

 

シャトルバス指定の場所に行くと、普通にバスが停まっていましたので、あの男のいうことは嘘だったことがわかりました。

 

 

 

ATMを勝手に操作される

先に結論を述べると、スキミングはされていませんでしたが、ATMに誘導されたら、まずスキミング被害を疑うべきでしょう。

 

PIN番号を入れたら、勝手に画面を操作されてしまい、引き出す金額まで勝手に決められてしまいました。

 

#のちにブチ切れました。

 

 

wifi

意外かもしれませんが、無料でwifiが使えます

番号も不要で、ファーウェイ製のスマホでも問題ないです。

 

 

カンタス航空

日本人ならあまり使用することも少ないであろう、カンタス航空。

 

基本的には他の航空会社と変わりません。

 

備品は歯ブラシと耳栓しか入っておらず、スリッパやクリームはありませんでした。

 

ブランケットと枕はあります。

 

モニターは古いタイプのもので、複数の映画が同時に再生されており、その中からテレビのようにチャンネル選択するものでした。

 

#なのでトイレになかな立てなかった

 

ただトイレが多かったのがありがたかったですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
mayuowwwをフォローする
女坊主たわしブログ
スポンサーリンク