南米実際に本当に行った感想 | 世界の宗教とスピリチュアル

南米実際に本当に行った感想

南米というと、すぐ危険!というイメージを持つ人も多いでしょう。

 

しかしある特定の場所はかなり治安が保たれています。

デュアル生活はあなたでもできる

 

ぼったくりが少ない

中南米はなぜ治安が悪いのが

南米に行くと、まず東南アジアに比べてぼったくりが少ない印象だ。

アジアまとめ

 

こちらがお金がよく分からなくても、教えてくれることもある。

 

これはアジアではありえない。

 

東南アジアの人たちは、観光客の外国人を、ぼったくりの対象としか見ていない。

 

価格は地元民の2倍〜10倍は当たり前。

 

こちらが物価やタクシーの相場などの調査をしていなければ、お金を取られるだけ取られてしまう。(それでも大したことがないことも多いのだけれども)

 

もちろん南米にも、ぼったくりはいることにはいるようだが、東南アジアに比べると圧倒的に少ない。

メキシコ・カンクンに行ってみた感想

 

都市部はアジアよりは衛生的

治安最悪のニカラグアのマナグアに来てみた

アジアは物価も低く旅行がしやすいですが、南米はアジアよりは物価が高い分、アジアより衛生的です。

 

清掃も頻繁にされている箇所も多いです。

 

しかし一方でパラグアイやエクアドルといった国では下水道が十分に整備されておらず、街を歩いていても臭うことも多いです。

コロンビア行き方系まとめ

 

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

実際にブエノスアイレスに行ったら、言われているより超安全でびっくりしました。

 

確かにリュックを前にして歩いている人は多いですが、歩きスマホをしている人をバスのターミナルから2人も見ました。

 

この様な話を、現地のアルゼンチンの人に聞いてみると、上の地図のいわゆるブエノスアイレス州内であったら安全とのこと。

 

逆にいうと上の場所から出たら、大げさだが命はないと思った方がいい。

 

なお他の旅人が言っているバスターミナルに関して、詳細は以下に書いているので確認してほしい。

サンティアゴ〜ブエノス・アイレスまでバス~バスターミナルの治安はそんなに悪くないですよ~2019

 

恐らくみんなバスを降りてすぐに街を目指してしまっているんだろう。

上記記事でも書いているが、バスが到着したらまずは一旦ターミナル内に入って一呼吸置いてほしい。

 

安全な場所も多い

南米全土が安全なんてことはないでしょう。

 

現地の人に聞いても、安全かどうかは場所によるという答えが返ってきました。

 

しかし、安全場所も多いもの。

 

アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスも、道に迷った時は歩きスマホをしていても、特に問題ありませんでした。

 

私はバスでチリの首都サンティエゴから、ブエノスアイレス までバスで来た際に、バスターミナルから市街地のホテルまで歩いた際に、2人ほど歩きスマホしている人に出くわしました。

サンティアゴ〜ブエノス・アイレスまでバス

 

なのでバスターミナルから市街地まではそこまで危険ではないと推測できそうです。

 

もちろん場所にもよりますが、万が一盗難されることを考えると、歩きスマホは基本的にはおすすめできません。

 

とはいえ、そもそも歩きスマホは他人の迷惑になるので辞めましょう。

 

物価は高い

場所を選べば安全に散策できる南米ですが、意外と物価は高いということ。

 

特に都市部で安全に過ごそうと思ったら、物価が高い場所で過ごさなければなりません。

 

パスタも1束100円以上しますし、思いの外、物価は安くありません。

 

物価は日本と変わらない

 

 

 

 

スポンサーリンク