日本のカフェはなぜ質が低いし価格が高いのか

スポンサーリンク
お金
mde

私はバックパッカーなので、よく海外に行くのですがカフェにもよく行きます。

 

しかし毎度思うのは、日本のカフェのレベルの低さ。

 

なぜこんなにも日本のカフェはレベルが低いのでしょうか。

モロッコはノマド天国

 

wifiが繋がらない

最近では、スタバだけでなくタリーズやドトールといったカフェでもwifiが繋がるようになりました。

 

しかし、いまだにネットが繋がらないカフェも多いです。

 

また、ドコモやau、ソフトバンクといった大手通信会社と契約している人のみネット利用可など、なんとなくネットの使いづらさは日本にはまだあるようです。

 

コーヒー1杯が高すぎる?

最安のドトールですら、1杯220円(エスプレッソ)もします。

 

海外だとエスプレッソ1杯、通常100〜150円くらいで飲めるのが普通だ。

 

しかし海外のカフェではチップを払うのが普通だ。

 

そのことを考えると結局客の払う金額は変わらないかもしれない。

 

 

元々カフェは社交場として広まった

カフェはそもそもヨーロッパ発祥の地であって、社交場としてカフェは広まりました。

 

なので、昔は室内でもタバコなどの煙で白かったそうです。

 

 

場所代が高い?

なぜ日本のカフェは質が低いわりに、値段が高いのでしょうか。

 

まず最初に場所代が高いことが考えられます。

 

 

 

そもそもカフェに行く人が少ない

ヨーロッパでカフェは老若男女誰しもが行く場所ですが、

日本だとカフェに行かない人も意外と多くいます。

 

当たり前のようですが、そもそも日本人にカフェに行く文化はありませんでした。

 

なのでカフェに行く人の母数がそもそも少ないことが挙げられます。

 

イタリア人はコーヒーを1日に3回も飲みます。

 

また北欧地域では夏場でも寒く、ホットコーヒーを飲む機会がたくさんあるといえそうです。

 

チップの習慣がない

欧米の文化だと、チップの習慣があるので、お店の値段より店員はお金を多くもらうことができる。

 

そのことから、客の立場からすると、払う金額は変わらないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
お金海外情報
はげまるをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク