【女性ミニマリスト】海外旅行に必要な厳選持ち物・いらなかったもの

スポンサーリンク

今度あなたが旅出る際に参考になればと思います。

ミニマリストまとめ

必須アイテム

折り畳み傘

画像クリックで商品サイトに移動

特に夏場のアフリカ・アジアあるいは標高の高い場所に行く際には必須です。

アジアまとめ

 

アフリカに行ったときは折り畳み傘が珍しかったようで、

結構折り畳み傘をきっかけにして、

複数の現地の人とコミュニケーションが取れました

アフリカ地域まとめ

 

雨でも日差しが強くても大活躍です!

ウユニ塩湖だけじゃない!ボリビアという国の魅力

 

きちんと黒ばりしているものでないと、ダメですよ!

そうでないと昼間の外出がおっくうになり行動が制限されてしまいます。

 

また、UV加工が施されている折りたたみであれば、

わざわざ日焼け止めを塗るようなこともしなくてよくなります。

 

日焼け止めを落とすのって結構手間ですよね。

だからと言って紫外線対策をしないとシミだけでなく、

シワを作る原因となってしまします。

 

とはいえ、現地で手に入ることも多いので、持って行く必要はないかもしれません。

デンマーク(コペンハーゲン)観光旅行まとめ
デンマークの首都コペンハーゲンに来てみましたので、まとめていきます。 物価と通貨 北欧なのでやはり物価はお高め。 とはいえ、やはりパンや乾麺は比較的安いので、それらを食べることをおすすめしま...

 

ボンチョに関して

旅人で傘を持たずに、ポンチョで済まそうとしている人は多いと思います。

 

しかし実際ポンチョは荷物などは濡れなくて済むかもしれませんが、間違いなく

顔がビチョビチョになります。

 

そんなにしんどい思いまでして旅をする必要はないでしょう。

女一人旅あるある
女一人で旅をしていると、よくあることをまとめてみました。 友達いないの? これ、本当によく聞かれます。 ともだちいないの? Do you have friends? ほっとけという話。 ...

 

スポーツタオル

画像クリックで商品サイトに移動

バックパッカーの中では手ぬぐいを持って行く人もいるようですが、

私はタオルに関してこだわりが強い方なので

むしろバスタオルを持って行きたいと考えています。

 

さすがにバスタオルだとかさばるので、

スポーツタオルを持って行っています。

 

吸水性もよく早く乾くのでおすすめです。
https://mayuowww.com/?p=14308

 

エコバック

画像クリックで商品サイトに移動


一つあると大変便利です。

 

買い物の時はもちろんシャワーを浴びる時や洗濯物を運ぶ時に大活躍です。

 

折りたためると便利です。

 

また狭いドミトリー内で身支度するよりも、一旦エコバッグに私物を詰め込み、広い共有スペースでバックパックに荷物を詰め込んだ方がやりやすいです。

安宿/ゲストハウスあるある
貧乏バックパッカーに欠かせないのが安宿。 安宿ゆえにストレスも多いのも事実。 そんな安宿に関して今回まとめてみました。 貧乏旅人・バックパッカーあるある 南京虫 最近気づいたことがあって...

 

変換プラグ

画像クリックで商品サイトに移動

言わずもがな、海外はコンセントは日本と違いますので必須アイテムと言えるでしょう。

 

こちらは女子特有というわけではありませんが、

海外旅行で忘れてはいけない必須アイテムになりますので、一応入れておきました。

 

ただ旅先でも買えることも多いです。

 

画像の変換プラグは、複数のUSBの差し込み口があり、同時に複数のデバイスを充電できますので、ドミトリーなどの電源のプラグを占拠することを免れます。

中南米まとめ
中南米は日本人にはあまり馴染みがないでしょう。 しかし欧米圏の人にとってはかなりメジャーな旅先なので、心がけ次第で安全に旅をすることができます。 パリピ 中南米の安宿に泊まる時は注意が必要なのである。 ...

 

#ただ意外なことに中南米では不要です。

ウユニ塩湖でストライキにあった話

 

延長コード(OAタップ)

延長コードは必須です。

忘れると大変なことになります。

 

というのも電源から遠いが為に、パソコンなどで作業できないということも多々ある為、延長コードは絶対に持っていきたいものとなります。

 

また、パソコンのACアダブタが重すぎて、電源プラグが落ちることもあります。

 

なのでパソコンを持って行く場合は、延長コードが必須となります。

 

バッテリーチャージャー

画像クリックで商品サイトに移動

スマホはグーグルマップなどで酷使しますので、日本にいる時よりも電池の減りは早くなります

 

スマホは旅人にとって生命線と言えるので必須アイテムと言えるでしょう。

 

スマホ

こちらも言わずもがなでしょう。

 

一番使うのは新しい場所に行くときです。

 

また特に一番使うのは地図アプリでしょう。

 

短期旅行の場合、日本かルーターを借りて行くというのもありだと思いますが、現地のプリペイド式SIMを買うという手段もあります。

 

ただこの場合、simフリーのスマホでないと、海外に行った時に役にたたなかったりします。

huawei P20 liteは超おすすめスマホ!(2万以下/レビューと大画面で撮影する方法・ファーウェイ)
この度ヒューウェイのスマホを買ってみたので、レビューしていきます。 評判 コスパは最高です。 約2万円でこの画面サイズで顔認証・指紋認証付いているのは他のスマホで類を見ません。 つい最近集...

 

現地の電話番号がないとネットに接続できない国は意外と多いので注意が必要です。

世界のネット環境まとめ(海外ランキング

 

マスク

画像クリックで商品サイトに移動

外国人はマスクをしない”というのは定説ですが、日本在住の外国人は着ける人も実は多いです。

 

飛行機は乾燥するし、外国は日本と違って湿度は低い場合が多いので、実際持っていくとかなり重宝します。

 

1枚といわず10枚、いやもっと持って行ってもいいでしょう。

 

国によっては大気汚染が深刻なところもあり、そこでも重宝します。

 

中南米で現地人が付けていた

日本人がマスクを付けているのは異常みたいなイメージがありますが、私が中南米行った時は、現地の人が付けているのを見かけました。

 

というか東南アジアに行った時は、大気汚染を懸念してマスクを付けている人が多くいましたので、世界的に見ても、マスクを付けているのは異常ではありません

アジアまとめ
主に東南アジア地域は目覚ましい発展を遂げています。 物価も上昇しつつあるので、今のうちに足を運ぶことをおすすめします。 ミャンマー ミャンマーは今は日本人であれば、ビザを取得する必要がありませんので、次の渡航先におすすめで...

 

南京錠

画像クリックで商品サイトに移動

これと荷物を縛り付ける、上記画像のロープのようなものがあれば荷物から目を離すことができます。

 

海外で買うと南京錠は平気で500円以上しますので、

こちらは日本で買っておくことを超絶おすすします。

 

鍵のタイプでももちろん構わないですが自分が紛失するリスクを考えると、

やはりダイヤル式の鍵をおすすめします。

 

現に私は鍵を紛失したことがありますが、たまたまホステルの人が親切な人で、鍵を大きいペンチで壊してもらったことがあります。

 

また海外で売っているのは主に鍵のタイプになります。

 

鍵のタイプは紛失するリスクがありますので、まとめて5個以上買っておくことをおすすめします。

日本がいかに異常な国であるか解説してみる
日本がガラパゴスといわれますが、海外に行くと、本当にその特殊さが際立ちます。 自殺者の多さ 年間3万人の自殺者は、他の国を見ても類を見ないほど多いです。 これはやはり異常な数字としか言いようがありま...

 

耳栓

画像クリックで商品サイトに移動

どこでもいつでも寝られる人は問題ないでしょうが、そうでない人にとって耳栓は必須アイテムです。

 

最近の100均の耳栓の性能は目を見張るものがありますので、1個といわず、5個以上持っていくといいでしょう。

ドミトリーにいた実際にいた驚くべき人たち
ドミトリーは安い分、様々な人がいます。 その中で実際に私がドミトリーで遭遇した人たちを紹介します。 老人・高齢者 安宿とかだと高確率で宿に住んでいる高齢者に遭遇します。 高齢者がドミトリー...

 

クレジットカード

いうまでもないですが、クレジットカードは旅の必須アイテムですね。

 

クレジットカード機能ではなくて、現金を下ろすキャシング機能も便利ですので、ぜひご利用ください。

おすすめのクレカまとめ
無職でもクレジットカードを作りたいですか。それなら下記クレジットカードをおすすめします。イオンカードイオンカードは無職欄はありませんが、自営業とすれば審査を通過することができるようです。 少し関係ないようですが、...

 

クレジットカードの場合、可能な限り多くもって行くことをおすすめします。

ありすぎて困ることはありません。

 

なぜならスられたりして、代わりのカードがなかった場合、帰国を余儀なくされてしまうからです。

セネガル観光まとめと注意点

 

プリペイドカード

海外で現金が必要な国はスウェーデン以外全ての国です。

スウェーデン(ストックホルム)観光まとめ

 

クレジットカードで現金を下ろすと、キャッシング機能を必然的に使うことになります。

 

キャッシング機能とは端的にいうと、借金となり、利息を払う必要が出てきます。

 

私は生まれてこのかた、借金をしたことがなかったのですが、このキャッシング機能により、生まれて初めて借金をして利息を払うことになりました。

 

ネオマネーのプリペイドカードでしたら、クレジットカードとしても使えて、海外のATMで手数料なしで現金を引き出せるので、大変便利です。

NEOMONEY

 

ダウンコート

旅人といったら、マウンテンパーカーでしょうか?

画像クリックで商品サイトに移動

登山をあらかじめやるって決めているのであれば、確かにマウンテンパーカーがいいのかもしれませんが、多くの地域は結構寒いです。

 

移動のバスや飛行機・宿も寒いので、ダウンコートは確かにかさばりますが、ダウンコートが一枚あれば重宝します。

画像クリックで商品サイトに移動

ダウンであれば、重くはないですし、バックパックに入れることができるのでおすすめです。

スペースのことを考えて極力薄めのダウンコートを選択することをおすすめします。

 

長めの丈を選べば防犯対策になります。

長めの丈であれば、ズボンのポケットからのスリを防ぐことができます。

 

フード付きのコートであればちょっとした雨でも対応でき、また防寒対策にもなります。

おすすめのコート・ジャケット

 

薄手のボーイフレンドデニム

画像クリックで商品サイトに移動

ジーパンですとポケットがついていますので、スリが心配な人は財布は使わず、

ポケットにじかにお金を入れることをおすすめします。

 

また薄手のジーパンですと、暑い地域でも履くことができます。

 

寒い地域では下にレギンスを履いて対応しましょう。

 

また厚手のジーパンは乾くのも時間がかかり洗濯しづらいのですが、薄手のジーパンはしょっちゅう洗濯したい人にはおすすめです。

 

海外の洗濯は重さで値段が変わります。

 

厚手のレギンス

画像クリックで商品サイトに移動

レギンス1枚で着てもいいのですが、その際ポケットがなくなってしまうのが難点です。

 

レギンスの上にズボンを履くことで温度調整をすることができます。

 

寝袋

画像クリックで商品サイトに移動

旅が進むにつれて、寝袋は必須なんじゃないかと思うようになってきました。

 

なぜなら、南京虫・防寒対策になるからです。

 

安宿によっては毛布が不十分に配布されなかったりして寒いです。

 

また私はテント泊はしませんが、時々空港やバスターミナルで一夜を過ごす時も重宝します。

南京虫(トコラジラミ・ベッドバグ)体験談まとめ

 

また北欧の安宿ではリネンが追加料金されます。

 

寝袋があれば、これらを払う必要はありません。

スウェーデン(ストックホルム)安宿レビュー
日本人にも人気が高い、スウェーデン・ストックホルム。 今回はその時に泊まった安宿に関してレビューしたいと思います。 ロッジ 32(Lodge32) 低価格で、衛生的で装飾もキレイです。 しかし落とし穴...

 

必須じゃないけどあったら便利なもの

ワンピース

画像クリックで商品サイトに移動

これは主にシャワーを浴びた後にあると便利なものになります。

 

パックパッカーが泊まる安宿のシャワー室は狭く、荷物を置く場所がなかったりします。

 

そうするとシャワー室に荷物をたくさん持ち込むことはできないので、狭いシャワー室内でパッと着られるワンピースが重宝します。

 

もちろん外出時に着てもいいですし、宿で一緒になったイケメンとデートする時に着てもいいですね!

 

外出時に着る際に、1枚だけだと肌の露出が多くなったりすると人目を引くこともあると思うので、ワンピースの下にレギンスを履いたり、上に何か羽織ったりすることをおすすめします。

 

おすすめの春ワンピ【オフィスOK】

 

スカーフ

1枚あると重宝します。

飛行機に乗る時は寒さ対策としてブランケット代わりに。

日差しが強い地域では日よけ+紫外線対策にもなります。

 

女性おすすめスカーフまとめ

 

パソコン

これは人によって評価が分かれるところとなるでしょう。

旅人にとって情報収集は生命線ですのが、スマホだけですと情報収集自体が中々苦になってしまいます。

パソコンがあれば画面が大きく調べものがしやすいです。

ただ荷物になることも必須なので、こちらは個人でよく考えて持っていった方がいいでしょう。

 

Apple信者、そろそろアップルを卒業しようと思います。~次狙ってるパソコン~
私が小学生の頃マックといえば、カラフルでスケルトンのボディでした。 そんなおしゃれなPC、大人になったら絶対買いたいなーって思ってました。 初PCはMacBookPro 初PCは大学...

 

ゴーグル

これは海に行く予定がある人用となります。

 

死海に行く時シュノーケリングしたい時に海水が目に染みずあると便利です。

 

*現地で借りられます。

 

ソーラーチャージャー

画像クリックで商品サイトに移動

先ほどバッテリーチャージャーを挙げたのですが、パソコン作業する人間にとってやはりパソコン用のソーラーチャージャーが欲しいものです。

 

ショート丈パンツ

画像クリックで商品サイトに移動

暑い地域で大活躍となります。

お風呂上がりでも、プールなどでも水着がわりに着ることができます。

 

ポケットがついていれば、直接お金を入れることができます。

 

サングラス

防犯対策や日焼け対策にもなる、サングラス。

 

しかしいつも無くしてしまうため、必要になる度に買ってます。。。

 

不要なもの

シャンプー・リンス・洗剤・石鹸

ここは賛否あるでしょうが、シャンプー・リンス・洗剤・石鹸は全てボディーソープで代用することができます。

 

またこれらは液体物に入るため、少量でしたら可能ですが、基本的には飛行機に乗る際に手荷物に入れることはできません。

 

なので私は事前には用意せず、現地で購入するようにしています。

 

ドライヤー

髪の長い人でも結局ドライヤーを使わなかったという話は、バックパッカーでも時々聞きます。

 

もちろん場所にもよりますが、安宿に泊まったとしても冷暖房完備という場所も多く、

日本と違って乾燥している地域だと髪が思ったよりも早く乾くといったこともあります。

 

代わりにタオルを万能なものにするのも一つの手段でしょう。

 

カメラ

旅人でカメラにこだわりを持っている人は多いのですが、個人的には不要だと思っています。

 

なぜなら最近スマホのカメラ機能は十分すぎるほどいいので、特別にカメラを持っていく必要がないからです。

huawei P20 liteは超おすすめスマホ!

 

またカメラは高価な物となりますので、スマホと同じく盗難のターゲットにされやすい物となります。

 

現にカメラを盗られたという人は私が実際会った人の中だけでも2人もいます。

 

本人たちはカメラが盗られたことよりも、撮影したデータを失ったことが悔しかったという話をよく聞きます。

 

カメラに特別なこだわりがなければ、変にトラブルに巻き込まれないためにも、できれば持っていかない方がいいでしょう。

 

グーグルフォトを活用すれば、データを無限に増やせます。

最悪スマホを盗られたとしても、バックアップされたデータはクラウド内に残ります。

 

グーグルストレージがいっぱいになった時のお金をかけずに無限に増やす方法

 

私はスマホを盗られましたが、写真などはバックアップを撮っており、スマホ内に残ったクレジットカードなどのデータは遠隔操作で消去できました。

海外でスマホを盗難された話

 

本当に便利な時代になりましたよね。

 

水着

イスラム圏では女性は肌を露出しない水着を着用します。

 

その中で外国人は思いっきり肌の露出した水着を来ていますが、

肌を露出してると、結構目立ちます

 

外国人が周りにいれば問題なさそうですが、一人でいると危ない場合があります。

 

また、海外だと服のまま入っても問題ないような海やプールが多いので、

私は水着を持っていても結局服のまま入っていました

 

加えて水着だと大部分が日焼けしてしまいます。

 

男モテ!おすすめの水着
近々、海やプールにお出かけですか?最近は温水プールやスパなどで水着を着る機会が増えてきました。本記事は、管理人オススメの水着をまとめました。黒ザ・定番の水着といいましょうか、黒であれば流行りも関係なく長く着ることができます。頻繁に海やプール

 

テント

旅人でテントを持っている人って本当に多いんですよね。

 

でも私はテント泊をしたことは一度もありません

*バスターミナルや空港で寝袋広げて寝たことはありますが。。。

 

というもの、まずテント泊できるには夏あるいは暑い場所限定になります。

 

またテントで寝ようとしても、テントと寝袋だけでは床が硬くて寝れるに寝れません。

 

なので必然的にマットレスが必要になり、どんどん荷物が増えていくことになります。

 

どこでも寝られるタイプでしたら問題ないのでしょうが、私はどこでも寝られるタイプではないので、極貧バックパッカーですが、テント泊はしません

 

日焼け止め

日焼け止めって落とすのが大変なんですよね。

 

落とすためのクレンジングは持ち歩きたくないですし。

 

そして毎日塗るのは面倒くさい。

 

多くの女性バックパッカーはそのうち日焼け止めを塗らなくなります

 

とはいえ、前述の傘や帽子やサングラスなどで日焼け対策をしましょう。

 

また液体荷物となってしまうため、手荷物の範囲で納めたい人にとってはなかなか不便な物なのです。

 

現地で手に入れるもの

現地で必ず手に入れるものがあります。

 

それはハンドクリームになります。

 

乾燥していると、手にささくれが出来始めてしまいます。

 

乾燥を防ぐためにも、クリームは必須となります。

 

ハンドクリームは髪のワックス代わりにもなり、また手だけでなく顔にもつけられますので、1台3役にもなります。

 

 

物を減らすコツ

旅行する際に荷物となるのは主にでしょう。

 

現地で洗濯することを前提にすると、格段に荷物の量が減らせます。

 

ゲストハウスでしたら洗濯機を借りることもできますし、観光地でしたら現地の洗濯屋さんも多く、そちらに頼むこともできます。

 

また洗濯機や洗濯屋さんがない場合でも、最終的に手洗いをすればいいでしょう。

 

まとめ

パソコンを必須アイテムとしてあげましたが、私の場合女性ですが、服はほとんど持たずシャンプー類も持ちません。

 

シャンプーはボディーソープを使い、洗濯洗剤代わりにボディーソープを使います。

 

また、極端な僻地・田舎に行かない限り、必要なものは現地で手に入れることができます

 

なので意外といらないものを削り、必要最低限の物を旅に持って行くことが賢い旅人といえるでしょう。

ミニマリストまとめ
ミニマリスト、流行っていますよね。 ミニマリスト的な考え方は、昔の日本人だったら当たり前のようにやってきたことばかりです。 今回はそんな新しい言葉で生まれ変わった、日本人としてのミニマリストをまとめてみました。 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
海外情報
はげまるをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ

コメント

  1. […] […]

スポンサーリンク