ブエノスアイレス(アルゼンチン)〜リオデジャネイロ(ブラジル)2019 | 世界の宗教とスピリチュアル

ブエノスアイレス(アルゼンチン)〜リオデジャネイロ(ブラジル)2019

悪名高い、ブエノスアイレスのバスターミナルから、リオデジャネイロまで一気にバスで行っちゃいます。

中南米まとめ

ブエノスアイレス・バスターミナルの治安

不安な人はここから出入りすればいいのでは。スリには注意!

他のブロガーたちは、揃いも揃って、ブエノスアイレスのバスターミナルは危ないといっていますが、どの辺を見て危ないと言っているのでしょうか?

正直、これくらいなら普通レベル。

近くにはパトカーも止まっていたりして一見安全のように見受けられました。

とはいうものの、さすがに日本と同じくらい安全ということはないので、用心しすぎることに越したことはありません。

確かに過去は危険だったのかもしれませんが、このレベルで危ないといってたら、アメリカの長距離バス・グレイハウンド なんか使えませんよ?

海外旅行で実際に経験した盗難事件〜体験談〜

2019年5月では全くといっていいほど危険を感じなかった

バスを降りてすぐに街を目指さず、バスを降りたら一旦バスターミナルの建物に入り、一番駅よりの出口から出ましょう。

5分くらい歩きますがそうすれば安全です。

チケットカウンタ

バスターミナル入ってすぐのところに、インフォメーションセンターがあります。

そこでリオデジャネイロ行きのバスがあるか尋ねると、上のような案内がもらえます。

*インフォメーションセンターでは英語が通じます。

案内通りに2階へ上がると、バス会社の窓口がづらーと並びます。

先に渡された紙には3社運行しているような記載がありますが、実質毎日運行しているのは、Crucero del Norteという会社だけです。

毎日運行しているのは、ここだけ。

チケット購入

私は他の旅人と違い、スペイン語をほぼノー勉で来ていますが、無事にチケットを買うことができました。

旅行で使える簡単なスペイン語

なおチケットのお姉さんはかわいくて、かなり親切でした。

蛍光ペンやパソコンのモニターを駆使して、丁寧に説明してくれます。(スペイン語で)

向こうは一応英語対応もしたいようで、英語のマニュアルらしきものを出してきました。

料金と出発時間・到着時間

5000アルゼンチンペソ(約1万2千円)。

出発は20:30のみです。

リオデジャネイロに到着する時間は13:15。

南米のバスは到着時間は朝から昼の間に設定されているようです。

*かなり遅れます。

早く取れば飛行機の方が安くて短時間で行けるので、バスは無計画な旅人に向いているプランでしょう。

イグアスの滝で降りるべき

イグアスの滝に行かない人はあまりいないかもしれませんが、イグアスの滝で降りるべきです。

結局ブエノスアイレス〜リオデジャネイロへルートは、必ずイグアスの滝を通っていきます。

なので一気に行くよりも、一泊イグアスの滝で観光してからリオに向かった方が快適です。

荷物預けサービス

100アルゼンチンペソ(約300円)で、荷物を預かってくれます。

有料かい!

こっちも読んで!
スポンサーリンク
海外情報
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク