ブエノスアイレス(アルゼンチンの首都)のカフェに関して

スポンサーリンク
お金
dav

ブエノスアイレスは、南米のパリと言われるだけあって、カフェのレベルも高いです。

 

wifi・電源

日本と違ってカフェにwifiがあるのは普通のようです。

 

ただ電源は場所によってなかったり、あったりします。

 

電源を見つけられないカフェも多々ありました。

 

 

エスプレッソ(espresso)

海外のカフェに行くと、日本のようにアメリカンコーヒーが出てくる方が珍しい事がわかる。

 

カフェプリーズといって通常出てくるのは、日本でいうところのエスプレッソ(espresso)だ。

 

そしてついでにクッキーや水をつけてくれることもある。*

 

こういった一連のサービスは日本以外の国では割と統一されている。

 

*これはお店やサービスしてくれる人によって、サービスが異なったりする。

 

 

チップ

日本語サイトだと、アルゼンチンのカフェはチップは払わなくていいというような記述が多かったが、サービスしてくれる人がいるのであれば、それは本当は払わなくてはならない

 

もちろん義務ではないので、払わなくてもいいのではあるが、次に来る日本人あるいはアジア人の対応が雑になることは必須。

 

私は自他ともに認める生粋のドケチの人間で、チップを払いたくない人の気持ちも分かるが、やはり郷に入れば郷に従え、わずかでいいので出来るだけチップは払おう。

 

最終的には個人の判断になるだろう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
お金仕事海外情報
はげまるをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク