ブラジル・リオジャネイロ のファベーラ(スラム)で大麻売りつけられた話 | 女坊主一人旅ブログ

ブラジル・リオジャネイロ のファベーラ(スラム)で大麻売りつけられた話

中米
dav

日本人にいきなりファベーラといっても、なんのことだか分からないのが普通だと思います。

 

今回は日本人が知らないファベーラの魅力に関してお伝えします。

ブラジル・リオデジャネイロの治安は本当に危険?スラムなど2019最新情報〜実際に本当に行った体験談〜
南米ブラジルといったら危険!首絞め強盗!といったイメージが強いですが、 実際行ってみたら危険なイメージが一掃されました。 ブラジルビザは査証なし 2019年6月17日以降日本人はブラジルに ビザなし(...

 

 

ファベーラとは?

View this post on Instagram

#sea #riodejaneiro #beach #favela

A post shared by Mayumi (@maruco9999) on

ファベーラはポルトガル語のfavelaからきており、スラムまたはスラム街を意味します。

 

ファベーラは世界中にありますが、ブラジルの都市リオジャネイロの傍に栄えるファベーラが最も有名です。

中米まとめ〜意外な日本との共通点〜

 

 

ファベーラの治安は危険?

なんと私、ファベーラに行く前によく確認しなかったため、ブラジルのリオデジャネイロについた初日から、ファベーラ内にある宿に泊まってしまっていたのです。

 

とはいえ女一人でファベーラ内をウロウロしていても、特に危ない目に遭うことはありませんでした。

 

ファベーラといっても、リオデジャネイロだけでもたくさんありますので、どうやらその中でも安全なファベーラだったようです。

私が泊まったホステルはココ!Hostel Yes Brasil

私が泊まった宿の屋上からの景色は最高でした。

 

 

大麻

ファベーラ内では大麻をみんな普通に吸っているので、海外にあまり行ったことがない人は、その光景に驚くかもしれません。

 

みんな大麻をタバコ感覚で吸ってるので、こちらが驚いている姿に逆にファベーラの住人に驚かれるかもしれません。

バックパッカーと大麻

 

宿の前で大麻吸いながら、だべっている若者たちがいました。

 

その若者たちに声をかけると、大麻をすすめられました。

 

値段は1本20レアル(約518円)で最初ふっかけられたので、

 

そんな高いもの吸って、カネ持ってるね〜

 

といったら、一気に5レアル(約130円)まで下げてくれました。

 

(あ、私は大麻を買ってないですよ)

大麻は危ない?麻薬?後遺症の症状に苦しむ人の話

 

大麻は危険?

麻薬/ドラッグの本来の役割

大麻に関して、色々いわれていることはありますが、改めて大麻に関しては下記にまとめています。

大麻は危ない?麻薬?後遺症の症状に苦しむ人の話
一度海外に出ると、大麻吸っている人に多く出くわします。 今回は割と身近な大麻に関してまとめてみました。 ブラジル・リオジャネイロ のファベーラ(スラム)で大麻売りつけらた話 違法? まず日本では大麻は違法です...

 

ファベーラの特殊性

私は世界50カ国以上旅をしたことのある旅人なのだが、ファベーラは他の国では見られない特徴があります。

それは、スラム街なのに高級住宅街より高い位置に存在していることです。

アメリカのサンフランシスコでも、ニュージーランドのオークランドでも、丘の上には金持ちが住んでいた

ワーキングホリデーは辞めたほうがいい?ニュージーランド とオーストラリアの違い〜ワーホリに行くとしたらどっち〜2019
ニュージーランド とオーストラリア、日本にいるとどっちも英語園で南半球、大して変わらないのではと思ってしまいます。 実際に行ったことがある管理人が、違いをまとめていきます。 ニュージーランドは、観光ビザの申請...

しかしここブラジルではスラム街が丘の上にあり、他の国では見られない極めて特殊なパターンでした。

これは単純に、許可なく貧困層が勝手に丘の上に住みだしてしまった結果なのですが、このことはまさにやったもん勝ちということではないだろうか。

中米バスまとめ

 

 

2019年現在のファベーラ

私がファベーラに行ったのは、2019年5月でした。

しかし実際に行くと、私が想像していたファベーラは全く異なるものでした

確かに道にはゴミが散乱し、悪臭が漂っているのですが、危険な雰囲気が皆無でした

ファベーラ内には、れんが造りの家が最も多いのですが、中には鉄筋コンクリートで造られた立派な建物も多く存在していました。

コスタリカに行ってみた感想〜中米のスイス・幸福度ランキング上位国〜

 

 

2014 FIFAワールドカップ、2016年のリオデジャネイロオリンピック

ファベーラの治安が良くなったのは、2014 FIFAワールドカップおよび2016年のリオデジャネイロオリンピックが要因らしい。

 

この二つの巨大イベントに伴い、大量の武装警備部隊がファベーラに流れ込んみました。

 

それで今のように、危険とは思えないファベーラも増えてきたようです。

 

メキシコシティ(〜カンクン)空港まとめ【国内線】

 

白人も多いスラム街

スラム街と聞くと、ほとんどの人は黒人東南アジアの人々を思い浮かべるのではないだろうか。

 

しかしブラジルのスラム街のファベーラは白人も多く住んでいます。

白人の彼女が欲しいなら
日本人の男性で白人の彼女あるいは奥さんが欲しいと考えている人も多いはず。 そういう場合どうしたらいいのか自分の見解をまとめてみました。 日本人男性はモテないというのは勘違い 白人のいる地域 白人のいる...

 

確かに最近のファベーラの中流化にも影響しているようですが、そもそも19世紀頃にヨーロッパの貧困層がここブラジルファベーラに流れ着いたため、白人は珍しくないんだとか。

 

ただ現在は他人種との混血が進んでいるため、純粋な白人は少なくなっているようです。

メキシコ旅行まとめと注意点

 

注意点

中南米はなぜ治安が悪いのが

安全なファベーラが増えてきたとはいえ、まだまた危険なファベーラも多く存在します。

 

ファベーラに行く際、該当のファベーラが安全かどうか、必ず現地の人やガイド・旅行会社に確認しましょう。

ブラジル・リオデジャネイロの治安は本当に危険?スラムなど2019最新情報〜実際に本当に行った体験談〜
南米ブラジルといったら危険!首絞め強盗!といったイメージが強いですが、 実際行ってみたら危険なイメージが一掃されました。 ブラジルビザは査証なし 2019年6月17日以降日本人はブラジルに ビザなし(...

 

 

シティーオブゴッド

シティーオブゴッドの周辺はとても危険です。

シティーオブゴッドの周辺もファーベーラとなり、観光客を狙った犯罪が頻発しています。

 

シティーオブゴッドは世界的な有名な観光地がゆえに、観光客を狙った強盗が出没するポイントでもあります。

 

市街地からのバスが出ていますが、最後のバスの出発がやや早いので絶対に乗り遅れないようにしてください。

 

仮にバスに乗り遅れた場合、流しのタクシーも予約されているものばかりなので、万が一、バスに乗り遅れてしまった場合はウーバーなどを利用するようにしましょう。

中南米まとめ

 

 

日本人写真家・伊藤大輔

ブラジル・リオのファベーラといったら、日本人の写真家・伊藤大輔さんを連想する人もいるでしょう。

 

テレビでも通り挙げられ、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし現在伊藤大輔さんは、既に日本に帰国しているようです。

 

帰国後の現在

そしたら現在、神奈川県秦野市議会議員になっていました。

驚きですね。

参考

スポンサーリンク