パラグアイは行くべき?実際に行った感想

スポンサーリンク

大抵の人はパラグアイといってもピンとこないかと思います。

 

今回私はパラグアイに実際にいってきましたので、その時のことに関してまとめました。

 

確かに行かなくてもいい国

確かに見どころは大してないという認識で問題ないでしょう。

 

観光地も大してないので、別に特別に行かなくてもいいでしょう。

 

東アジア人が意外といる

日本人でも商社の人が多くパラグアイに駐在しているようです。

 

私が街を歩くと、アニョハセヨ(韓国語でこんにちは)と声をかけられました。

 

他の国で大抵ニーハオと声をかけられるため、韓国人が多いと予想されます。

 

また街中にはKIA(韓国の車)がたくさん走っていました。

 

お茶の国

南米のコロンビアはコーヒーで有名ですが、パラグアイはお茶の国となります。

 

街中でも水筒が売っており、街ゆく人も水筒を持ってその辺で飲んでいたりしています。

 

インフラは整備されていない

街を歩いていると、歩道が壊れている場所も多く、雨でもないのに道路が濡れていることがあります。

 

これは恐らくインフラの整備が行き届いていないからではないかと思われます。

 

その点日本は鹿島などのゼネコンが談合などで過剰な工事をやっているため、なかな日本ではおめかけできない光景になります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
mayuowwwをフォローする
スポンサーリンク
女坊主一人旅ブログ
スポンサーリンク