南米バス情報(強盗対策など)

スポンサーリンク

南米のバス網はめちゃくちゃ発達しています

 

それが分かるのが国境越えの時。

 

国が変わるからといって、わざわざバスを乗り換える必要はありません。

 

まだバスの運転手も外国人の入国手続き等に慣れています。

 

強盗はいるのか

南米といったら強盗のイメージが強いですが、実際バスに乗ると本当に強盗なんているのかと思えてきます。

 

ただ、休憩が終わるとバスの運転手さんが後ろの席を頻繁にチェックしていたので、以前に休憩中に何者かが侵入していたようなことはあったのだろうと思われます。

 

強盗対策:チェーンで解決

私自身はチェーンを持って来ていませんでしたが、チェーンで荷物と座席を縛りつければあまり問題がないような気がします。

 

もしチェーンを持っていない場合は、荷物と自分の足や手を絡ませておくだけでもだいぶ違うでしょう。

 

バスで強盗の被害に遭ったという話をよくよく聞いてみると、強盗ではなく置き引きに近いもののような気がします。

 

棚の上に置いていた荷物がいつの間にか前の方に移動されていて、降車のタイミングで盗られたという話は、別に荷物を無理やり奪っているわけではないので、棚に荷物を置かない、荷物から目と手(足)を離さないということを徹底していれば、強盗(置き引き)からの被害を防ぐことができます。

海外旅行で実際に体験した盗難事件〜体験談〜

 

荷物を預けても大丈夫?

基本的に荷物は預けて問題ないでしょう。

 

南米に来た外国人は大抵荷物を預けていました。

 

しかしチップを要求される場合があります。

 

私はサンディエゴ(チリ)〜ブエノスアイレス(アルゼンチン)までのバスで、なんとなく荷物を預けてしまったのですが、荷物は無事に返ってきたものの、荷物を取ってもらったらなんとチップを要求されてしまいました。

 

荷物が少なければ、あまり預けない方がいいかもしれません。

 

 

トイレ事情

トイレに関しては絶望的といわざるえません。

 

唯一、アルゼンチン〜ブラジルにかけては、トイレは問題なかったものの、その他のバスに関しては、便座が汚かったり、うんこはしてはいけなかったり、手を洗う水が出なかったり流れなかったりと、頻尿の人間にはとても辛いものがあります。

 

トイレが流れなかったりしますので、2階建てのバスでなければ、座席まで臭ってきます

 

アルゼンチン〜ブラジル〜パラグアイ間のバスでは、問題なく水が提供されていました。

 

 

リオデジャネイロ〜イグアスの滝

バス料金

260リエル

 

イグアスの滝(パラグアイ)〜パラグアイ首都

550アルゼンチンペソ

 

パラグアイ行きのバス

6.5リエル

 

国境につき、アルゼンチンペソで支払い可能でした。

 

 

アスンシオン (パラグアイ首都)〜サンタクルス(ボリビア)

630グアラニー(約6300円)

 

バスのグレードは低め。

トイレは汚い。トイレットペーパーがない。水が出ない。便座は汚い。

飯は出る。けれど足りない。

ペットボトルの置く場所がなく、席に置いておくと100%の確率でどっかに行ってなくなる。

エンジン故障のため、大幅な遅延がある(あった)。

 

悪路。

ここよりもひどかった悪路を経験しているため、5段階評価のうち、2/5。

 

どこでも寝られる人であれば問題ないでしょうが、そうでないと寝られない。

特に窓からの隙間風が寒かった。

 

 

サンタクルス〜ラパス(ボリビア国内)

100ボリビアーノ(約1500円)

 

他のバスは150ボリビアーノです。

 

ただ私が利用したバスは、飯は当然、水もなくwifiもなく暖房も冷房もなく夜は超寒かったです。

 

当然のように寝られませんでした。

 

少し高くでも150ボリビアーノのバスを利用することをおすすめします。

 

ラパス〜ウユニ(ボリビア国内)

バス会社を比較して、一番安いところを選択。

片道80ボリビリアーノ。

 

全ての会社が20:00〜22:00発。

 

2階建てのバスのため、強盗の心配はないと思われる。

 

ただチケット手配してくれた人の対応は雑。

まあ安いのでそこはしょうがないですね。。

 

南米

基本的にラテン系でイメージ通りと思っていい。

 

カップルのいちゃつきは激しく、音楽のレベルは高い。

しかしホステルはスタッフが音楽をガンガンかけているため、大抵うるさい。

 

基本スペイン語が分からないと人と会話することができない。

でもそのうちネットで調べながら分かるようになってくる。

 

数字はとりあえず覚えた方がいい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金海外情報
mayuowwwをフォローする
スポンサーリンク
女坊主一人旅ブログ
スポンサーリンク