南米に行くときはスペイン語が必要なのか

スポンサーリンク

南米に行く際はスペイン語しか通じないといった話はよく聞くかと思います。

 

実際に行った体験をまとめたいと思います。

 

できた方がいい

当たり前のようですが、スペイン語はできた方がいいに決まっています。

 

南米の方は他の海外の人同様、話したがりの人が多いので、結構話しかけられることも多いです。

 

せっかく話しかけてくれるのに、こちらが応答できないのはなんだか申し訳ないような気がします。

 

 

スペイン語ができなくともなんとかなる

何を隠そう私はスペイン語をほぼノー勉で南米に行きました。

 

それで屋台とか普通に行っちゃいます。

 

しかしそれでも意外となんとかなるもんです。

 

まあ相手は多少迷惑ですが、相手は日本人ではなく南米の人で寛容な人が多いので、あまり気にしなくていいと思っています。(勝手にそういうことにしている)

 

またネットが繋がればグーグル翻訳で会話もできますので、無理にスペイン語を習得する必要はないでしょう。

 

知っておいた方がいいスペイン語

私はスペイン語圏に来てから数字系は覚えました。

 

オラ!  (こんにちは)

グラシアス  (ありがとう)

クアント?    (いくら)

 

1 アン

2 ドス

3 トレス

4 クワトロ

5 シンコ

 

1000  ミル

100  シエン

 

数字に関してはお金の計算だけでなく、バスの集合時間でも使えますので、覚えておいて損はないでしょう。

 

セニョール

セニョリータなどは、話しかけらる時、普通に使われます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
mayuowwwをフォローする
スポンサーリンク
女坊主一人旅ブログ
スポンサーリンク