林先生をちょっと批判してみる〜東大は入れば無問題?〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

林先生をちょっと批判してみる〜東大は入れば無問題?〜

予備校の東進ハイスクール出身の林先生は、なんだか最近よくテレビで見るような気がしますが、ちょっと批判したいと思います。

 

東京大学

ご自身も東京大学出身でかつ予備校講師だから当たり前なのかもしれませんが、基準が全て東大なんですよね。

 

東大に合格する人はドキュンネームの人はいないとか、東大生はそんなことしないとか全て東大が正しいとしています。

 

#ちなみに東大卒の森鴎外は子供に、ドキュンネームをつけています。

ソースは日経。

 

東大の世界ランキングは決して高くありません

参考

 

上記ランキングでは世界22位のようです。

 

 

東大入ることが正しいわけではない

東大に入ったからといって、別にそれが必ずしも正しいわけではありません。

 

確かに日本では絶大な信頼度を誇りますが、一度海外に出たら全くといっていいほど通用しません。

 

これからのグローバル社会に海外で通用しない東大を基準においてしまうのは、非常にまずいといえるでしょう。

 

 

なんのために東大に入るのかを考えるべき

私もかつては大学名を基準に大学受験をし、編入学もしました。

 

しかし今思えばそれは何も意味をなしませんでした。

 

今一度なんのために大学に入学するのか、なんのために大学で学ぶのかを考えてほしいです。

 

東大に限らず、大学に入れば正解というわけではありません。

 

いわゆるFランといわれる底辺大学でも、自分が学びたいことを学べたり、目的達成が果たせるようであれば全く問題ありません。

 

自分にものさしを持つべきです。

夢を叶える成功する人の特徴・共通点〜自分のものさしを持て〜
兼ねてから自己啓発マニア(自分は何も成功していない)で100冊以上、自己啓発本を読んできた私が成功者の特徴に関してまとめました。 数字とかランキングにこだわるのは本当は意味がない 行動する人 ホリエモンの話の中でもよく出て...

 

”友達は少なくていい”には賛成

林先生の意見全てを批判しているわけではありません。

 

友達は少なくていいには、私は賛成です。

友達が少ない?友達がいなければいけないというのはただの思い込み〜究極のミニマリスト〜

 

しかし最近のテレビでの林先生の取り上げ方は、林先生が言っていることは全て正しいような紹介のされ方です。

 

ある人の意見が全て正しいということはありえないので、ちょっと警鐘を鳴らしてみました。

全ての情報において話半分で聞くべきという話。

 

人は言い訳の天才

こちらも林先生の言葉なのですが、人は行動する前にやらない言い訳を考えるとしています。

死にたい?逃げたい?考えすぎない・考えない方がいいことのまとめ
日本人は、考えすぎだと思います。 人生つまらない飽きた?日常生活に飽きたら実践したいこと 東南アジアの人は、給料日にお金を使う 多くの日本人の皆さんは考えられないかもしれませんが、 東南アジアの人は給料日にほ...

 

この意見も私は共感しています。

 

英語は大事でない?

紗栄子さんはお子さんをイギリスの名門校に通わせていますが、それを紗栄子さんが番組で話した際に、林先生は”英語を勉強する前にやることがある”としています。

嫌われる女まとめ

 

日本だと子供に英語教育は早計だという意見が根強いですが、英語が得意な人が多い香港・北欧地域は幼児から英語教育が始まります。

 

逆にいうとそれぐらいから始めないと、子供が英語に苦手意識を持ち始めるのではないでしょうか。

 

英語はあくまで話すツールであって、本来”学ぶ”ものではありません。

 

気楽に話すことをできないとこれからますます国際社会に遅れを取ってしまいかねません。

英語学習のすすめ

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
社会
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク