中国人と間違えられることに関して~ニーハオといわないで~

スポンサーリンク

日本人が外国に行くと、ほぼ100%中国人と間違えられます。

 

東アジア人だと、中国語が通じると思われている

いくら日本人にはユダの血が混じっているだとか、中国人や韓国人と違うと主張しても、第三者の外国人から見ると、中国人だか韓国人だか日本人だか全く区別がつきません

 

また日本や日本語の存在自体を知らない人も多いのです。

 

というのも、日本は中学まで義務教育ですが、他の国では教育をまともに受けたことのない人も多く、そんな人たちに遠い国の使用言語の知識を要求するのは無理があるのかもしれません。

 

日本は中国語が使われていると思われている

仮に日本と中国の区別がつく人でも、日本では中国語が使われていると思っている人もいます。

 

というかそもそも日本という国の使用言語なんて考えたことがないという人がほとんどでしょう。

 

考えてみると、ニュージーランドは英語、中南米はほぼスペイン語で、近くの国だと言語が同じだったりします。

 

またネパールはヒンディー語ではなく、ネパール語ではあるものの、ヒンディー語と非常に類似しているため、ネパールのほとんどの人がヒンディー語ができるようなのです。

 

知らない外国人にニーハオ!と言われたら?対策

海外のそこら辺の道を歩いているといきなりニーハオと話しかけてくる人たちがいます。

 

ここで注意したいのは、ニーハオといってくるからといって、彼らに悪気はないということ。

 

私は余裕があるときは、中国人ではなく日本人であることを強調します。

 

またさらに余裕があれば、ニーハオと言われた時にはノーニーハオ!日本人ですというようにしています。

 

前述したように、日本という国と言語を知らない人も多いので、いちいち怒るのではなく、教えてあげましょう!

 

とはいえ、毎度若干イラっとしていますが。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
mayuowwwをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク