南米で一番おすすめのツアーはアマゾンツアー

南米

南米といったらウユニ塩湖でしょうか、それともマチュピチュでしょうか?

 

人それぞれだとは思いますが、私は俄然アマゾンツアーをおすすめします。

世界中で一番おすすめ。

 

私ってそもそもツアーに参加しないのですが、アマゾンツアーは参加してよかったと心から思いました。

 

なんといっても自然の豊かさとガイドの質の高さ。

 

期待をしていなかった分、それだけ感動もしました。

 

蝶が手に止まる

みなさん、蝶が手に止まったことを体験したことがありますか?

私はありませんでした。

 

トイレから帰ってきてたまたま手が濡れていて、なんと蝶が手に止まり手に付着している水を飲みだしたのです

 

私は思わず感動してしまいました。

 

 

また、それとは別に、蝶がちょうど蜘蛛の巣にかかって食べられるところを目撃しました。

 

上の画像は無料画像となりますが、本当にこんな蝶がいました。

 

#ちょうどスマホをパクられた後だったので、写真をお見せできなくて残念です。

海外(南米/エクアドル)でスマホを盗難された話
南米は行って見ると予想外に普通で、そんなに危険でないし、意外と発展していると感じてしまいます。 日没後の歩きスマホ まあこれだけ聞くと、スマホが盗られてしまうのは当たり前かもしれません。 日没後の歩きスマホ。 ...

 

 

確かに蚊はやばい

まあ天下の?アマゾンなので、

蚊もやばいです。

 

やっぱりその辺が気になる人は行かない方がいいのかもしれませんね。

 

蚊は普段花の蜜を吸っている

人間にとって、忌々(いまいま)しい蚊ですが、蚊は普段は花の蜜を吸っているようなんです。

 

人間の血を吸うのは産卵時のメスだけ。

 

これは聞いたことがあると思いますが、普段は花の蜜を吸っているなんてイメージ変わってしまいますね。

 

トイレは意外とキレイだった

ちょっと驚いたことに、アマゾンツアーで使ったトイレが意外とキレイだったんですね。

 

確かに世界中からひとが集まることを考えれば当たり前なのかもしれませんが、トイレがキレイなのは、気になる人にとってはポイントが高いと思います。

 

ちなみにアマゾンのトイレは、水洗ではなく、バイオトイレと呼ばれるものでした。

 

バイオトイレとは、糞尿をおがくずなどで分解し、土に還す役割を果たすものとなります。

 

アマゾンツアー参加の仕方

アマゾンツアーに安く参加するには、現地のツアー会社に申し込むのが一番!

 

それで具体的にどこへ行けばいいのかというとコカという街。

 

小さい街ながらも、一応一通りの物はなんでも揃います。

 

ツアー会社は3から4社ほど。

おすすめのツアー会社

SUMAK ALLPA TUOUR。

 

 

ガイドの質が高かった。

スペイン語のガイドだったんですが、ツアーに一緒に参加したロシア人に逐一英語に訳してもらいました。

 

葉っぱから腕輪をそのツアーの最中に作ります。

 

3分クッキングのように、できあいのものが用意されているわけではななく、その場で葉っぱの繊維で紐を作り、腕輪を作るのです。

即興で作った腕輪。ちゃんとヒモになってるう〜♪

これには感動してしまいました。

 

#ただこの腕輪作成時は、止まっているので蚊が本当に寄ってきます。

アマゾンの蚊は伝染病を持っている可能性もあるので、蚊よけ対策を十分に行ってください

 

 

個人的には質問があれば現地のSIM買ってグーグル翻訳使えばいいのかなと思います。

ちなみにアマゾンツアーはモバイルネットワークのカバレッジ範囲内です。

 

#アマゾンの流域に普通に人が近代的な生活をしています。

値段は2日で200ドル。

 

一人で参加すると、他の団体の参加を待たなければならないので、スケジュール通りにいかないかもしれません。

 

 

AMAZON TRAVEL は英語のガイドもあり、対応もちゃんとしてました。

 

まあぶっちゃけ一番無難なツアー会社だと思います。

 

ツアーに数日参加するならホテルの予約必要なし

私は行く前に知らなかったので、コカの街に着いたらホステルにチェックインしてしまいました。

 

ツアーに複数日参加する場合は、アマゾン領域の宿泊施設で泊まるので、特に現地のホテルに泊まる必要はないでしょう。

 

 

日本語の現地ツアーはある?

残念ながら日本語の現地ツアーはありません。

どうしても日本語にこだわるなら、日本でツアー会社に申し込むしかないでしょう。

 

View this post on Instagram

Джунгли и сельва по всем признакам вид отдыха номер 3 после гор и моря. А поскольку необычно и в последнее время у меня прямо особая страсть к наблюдению за дикими животными, то чуть ли не первое. Где вы ещё встретите такие красивые радуги? 😃 Только здесь я понимаю зачем вставать в 5 утра – все самые экзотические птицы встают, надо успеть. Только здесь у меня получалось ложиться около полуночи и через 5 часов вставать бодрячком. А какие ночи – все живое, ползает, летает, ухает, плетет паутины – жизнь кипит круглые сутки. Как сказала @petro_mari Если и встречать конец света, то в джунглях – здесь все настолько живое и невозможно поверить, что все это умрет. Jungle and selva are by all signs a type of recreation number 3 after mountains and the sea. And since it is unusual and lately I have a special passion for watching wild animals, this is almost the first. Where can you see such beautiful rainbows? 😃 Only here I understand why to get up at 5 am – all the most exotic birds get up, you have to be in time. Only here I managed to go to bed around midnight and after 5 hours get up hearty. And what kind of nights – all living things, crawling, flying, hooting, weaving webs – life is in full swing around the clock. As @petro_mari said, if we meet the end of the world, then in the jungle – everything is so alive here and it is impossible to believe that all this will die. #jungle #selva #amazon #naporiver #wildlife #explorewildlife #trulytravel #ecuador #exploreecuador #southamerica #southamericatrip #travelaroundtheworld #ecuadortravel #ecuador🇪🇨 #discoverecuador #ecuadortravel_ig #travelecuador #эквадор #путешествиярядом #путешествия #traveltogether #dreamtrips #dreamtravel

A post shared by Evgeniy Kurilov (@evgeniy_kurilov_traveler) on

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
南米
はげまるをフォローする
女一人旅まるこめブログ
スポンサーリンク