キリスト教とはなんなのか〜カトリック・プロテスタントの宗派はどちらがいい教え?〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

キリスト教とはなんなのか〜カトリック・プロテスタントの宗派はどちらがいい教え?〜

宗教

キリスト教はヨーロッパ圏に根付いた誰もが知る宗教といっていいでしょう。

そんなキリスト教に関して今回まとめてみました。

 

前提としてのキリスト教

キリスト教には大きく分けて、2種類あります。

 

プロテスタントとカトリック。

 

カトリックは基本的に離婚は認められていないため、ヨーロッパの人はそもそも結婚しないんだとか。

 

外国人と結婚するメリット

 

キリスト教は戦争に都合よく利用されてきた

日本に原爆が落とされたのも、日本人はキリスト教徒ではないためである。

 

そのため第2次世界大戦で、アメリカは敵国であるはずのドイツには原爆を落としていない。

 

また、原爆が落とされた軍機には、なんと牧師が乗っていたようなのだ。

 

それは原爆を落とした兵士が罪の意識に苛まれないようにするためである。

昭和の日本の労働環境は本当にひどかった話。〜戦争を経験している世代の話〜

 

人種政策にも利用されてきた

黒人とインド人はキリスト教徒ではないため、人間として扱われなかった。

 

そのため、ヨーロッパやアメリカなどに物として輸出され、奴隷として働かされることになる。

 

逃げることはいいことだまとめ~逃げるのも戦法の一つ~

 

 

プロテスタント

プロテスタントは、特権階級の人が信仰した宗教となります。

 

牧師

英語

牧師(pastor)は、神のもとでは一般信徒と変わらない身分。

 

カトリック

カトリックは庶民に向けた宗教となります。

 

ただカトリックが根付いているイタリアの教会で、物乞いをしているホームレスを追っ払ってる神父さんを見てしまいました。

 

きっと偉い人なんでしょうけど。

 

神父

英語

神父(Father)とは、生涯を神職に捧げ、独身を貫く。

 

参考

 

今ヨーロッパで起きていることは実は因果応報

英語では書けませんが、今のヨーロッパで起きていることは実は今まで白人がやってきたことの因果応報なのです。

 

白人は、宗教の名の下に、キリスト教徒以外の人を人間扱いしてこなかった。

 

逆に今ヨーロッパで起きていることは、イスラム教徒以外は人ではないと考えるごく一部のイスラム教徒によって、レイプや殺人・テロが行われています。

現在パリなどのヨーロッパで起きていること2019

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
宗教社会
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク