ソフトバンクの孫さんって本当にすごい?名無しが批判してみた

ソフトバンクの孫さんって、よく偉大な実業家として挙げられます。

 

ただ彼がやっていることって本当にすごいことなのかちょっと分析してみました。

 

機種代0円

孫さんがやったことって、機種代0円という料金形態でしょうか。

 

今は独占禁止法にも抵触するかの瀬戸際にきている料金形態になっています。

 

このおかげで日本の携帯電話の料金形態が複雑といわれている原因ではないでしょうか。

 

 

 

イノベーターではない

ソフトバンクはボーダホンを買収したことにより、いきなり業界3位の通信会社として名乗ることができましたが、それまでは情報商材などを売っていたようです。

ソフトバンクは企業買収を通じて大きくなった会社です。

 

現在は通信会社というよりは、投資会社に近いようです。

 

反省している

今回、ソフトバンクの決算はWe work買収などで大赤字となりました。

 

しかし(当たり前ですが)粉飾決算などはせず、孫社長は自分の非を認めています。

 

日本の大企業はこれまで粉飾決算を数多く行ってきました。

その点は評価できるでしょう。

 

また、今回の失敗を誰のせいにもせずに、自分のせいであることを公の場で認めていることも評価できるでしょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
雑談
はげまるをフォローする
女一人旅まるこめブログ
スポンサーリンク