中米バスまとめ〜売り子に注意?〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

中米バスまとめ〜売り子に注意?〜

中米

 

中米は南米以上に危ない国が増えてきます。

渡航の際は十分に気をつけてください。

 

治安

中南米はなぜ治安が悪いのが

中米のバスに関して、ニカラグア〜グアテマラまでは、夜行バスがなくなります。

 

というのも、ここの区間ご存知か不明ですが、非常に治安の悪い地域で、多くの旅人がスキップする場所となります。

 

仮にこの区間を旅をするとTICAバスを利用することになると思いますが、いずれにしろ昼にバスに乗るのであれば、どのバスでもさほど変わらないような気がします。

 

ただTICAバスは少し弱いですが、Wifiは使えます

待合室でもWIFIが使えます。

 

マグアナーサンサルバドル

48us$。

この辺りになると治安は悪化して、夜行バスがなくなります。

そして出発は朝5時。

どの行き先もだいたいその時間でした。

この時間だとticaバス併設のバスか、近くのホテルをがんばって探すしかありません。

 

 

Ticaバス併設の宿

場所にもよるんでしょうが、わたしはサンサルバドルのticaバス併設のホテルに13ドルで泊まることができました。

 

ホステル検索しても900円くらいなので、ticaバス併設のホテルでよさそうです。

 

ニカラグアの出国税に関して

中南米ではペットを飼っている家が多く、たとえゲストハウスであろうと放し飼いです。

出国税自体は3ドルの様でしたが、恐らくバス会社の人が勝手にチップを上乗せして客から8ドル徴収しているようです。

まあ、これは仕方無いかもしれませんね。

 

WiFi  電源

さすがに高いだけあって、wifiが使えました。

後ろの方の席だと繋がりにくいようなので、極力前の方に座ることをおすすめします。

また電源に関して、普通の電源プラグとUSBの両方あります。

 

トイレ

残念ながらトイレットペーパーはありませんでしたので、自分で用意する必要があります。

 

エルサルバドルの入国に関して

プロ?レベルの高いサーファー達@エルサルバドルProfessional?High level surfers@El Salvador

本来であればエルサルバドルやニカラグアの入国にイエローカードが必要なんですが、ticaバスでチケット購入時にイエローカードの所持の確認をされるだけで、提示は入管でも求められません。

 

陸路で入国する際はどうやら黙認される傾向にあるようです。

 

これは私の推測になってしまうのですが、陸路だと前にいた国の出国手続きが終わっており、再度入国手続きをしなければなりません。

 

そうすると、間接的に他国に迷惑をかけることになりますので、黙認されているのかもしれません。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
中米
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク