エルサルバドルに行った感想2019 | 世界の宗教とスピリチュアル

エルサルバドルに行った感想2019

中米
Exif_JPEG_420

皆さん、エルサルバドルという国はご存知でしょうか。

 

もしかしたらサーフィンをやる人なら知っているかもしれません。

初心者OK!中米サーフィンスポットまとめ
中米といえば、サーフィン!ということで、今回はサーフィン初心者でも大丈夫なスポットをまとめてみました。 中米まとめ〜意外な日本との共通点〜 カンクンCancun(メキシコ) カンクンはカリブ海側となる為、基本的に波は低...

 

どこ?

エルサルバドルは、日本からかなた遠い中米の国の一つとなります。

 

 

 

治安

中南米はなぜ治安が悪いのが

エルサルバドルの首都・サンサルバドルで、朝から昼にかけて街中を歩くと、歩きスマホをしている人をチラホラ見かけます。

 

中南米では本来、歩きスマホを絶対にやってはいけません!

 

周りが歩きスマホをやっているからといって、歩きスマホをすることは絶対におすすめできませんが、日中帯はさほど危険を感じませんでした

 

ちなみに私はエクアドルの首都キトで歩きスマホをして、スマホをパクられました。

海外(南米/エクアドル)でスマホを盗難された話
南米は行って見ると予想外に普通で、そんなに危険でないし、意外と発展していると感じてしまいます。 日没後の歩きスマホ まあこれだけ聞くと、スマホが盗られてしまうのは当たり前かもしれません。 日没後の歩きスマホ。 ...

 

物価

物価は結構安いです。

 

食事も屋台なら、2ドルでお腹いっぱい食べられることが多いです。

 

やはり食費が安いと助かりますよね。

 

エルサルバドル人の特徴

街をウロウロしていると、声をかけてくるのがエルサルバドル人。

 

私は特に目的もなく街をウロウロするのが好きなのですが、何を探しているの?といわれて、答えられずに困ってしまうことも多かったです。

(そして怒られる)

 

 

エルサルバドルの日本人

プロ?レベルの高いサーファー達@エルサルバドルProfessional?High level surfers@El Salvador

普通の日本人からすると、エルサルバドルなんて聞いたこともないという人もいるでしょう。

 

しかし私がエルサルバドルのエルゾンテという場所に行ったら、なんと二人の現地在住の日本人に会いました。

といっても、どちらもエルサルバドル人とのハーフでした。

一応本業は彫り師なんだけど、大会も出たことあるサーファー直俊さん。

入れ墨とピアスがめっちゃあります。

この出で立ちで性格はまったり系。

リアル蛇にピアス。

 

エルサルバドルの有名人

さすがにエルサルバドル出身の有名人なんていないだろうって思っていたら、いました!しかも坊主!

 

GTOの生徒役で有名になった、池内博之さん!

バズカット(坊主)のイケメン芸能人【日本人】
坊主の芸能人といったら、誰を思い浮かべますか? 人によって様々だとは思いますが、今回坊主の芸能人をまとめてみました。 EXILE ATSHUSHI 坊主といったらこの人という人も多いはず。 現在は、髪を伸ばさ...

 

日本人のお父さんとエルサルバドル人のお母さんとのハーフのようです。

 

坊主の髪型がよくお似合いです。

 

個人的なおすすめ度

星4つ!

エルサルバドルは、個人的には結構おすすめです。

 

というのも、治安はそれほど悪くなくかつ物価が安いからです。

 

貧乏バックパッカーとしては、物価が安いと本当に助かります。

かつ治安がそこまで悪くないのであれば、長期で滞在することができます。

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
中米
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク