初心者OK!中米サーフィンスポットまとめ | 世界の宗教とスピリチュアル

初心者OK!中米サーフィンスポットまとめ

中米といえば、サーフィン!ということで、今回はサーフィン初心者でも大丈夫なスポットをまとめてみました。

中米まとめ〜意外な日本との共通点〜

 

カンクンCancun(メキシコ)


カンクンはカリブ海側となる為、基本的に波は低めで初心者向け

 

ただ雨期には波が高くなることもあるので注意が必要です。

 

レンタル料

私が借りた時は、2時間400ペソ(MXN:約2,164円)だったが、実際はもっと値切れる可能性があります。

 

この値段は中米の中でもダントツに高かったです。

 

直接サーフボードが置いてあるところに行かないと、コミッション(仲介料)を取られる。

 

私の時は、なぜか絡んできた人が2倍の料金:約800ペソを請求してきた。

 

前日に400ペソ と聞いていたからよかったものの、他の人に聞いたら500ペソ とかいってきたりした。

 

ただちょっと高い割に、なぜか少し教えてもらうことができた。

 

スクール

800ペソ〜

メキシコ・カンクンに行ってみた感想
カンクンという場所はご存知でしょうか。 日本ではさほど知名度はありませんが、欧米では割と有名な観光地となります。 中南米まとめ 海がきれい 日本ではなかなか白い砂浜・青い海なのがまさにカンクン。 期待を...

 

タマリンドTamarindo(コスタリカ)

映画のエンドレスサマーの舞台となった場所で、サーファーの聖地。

 

とはいえタマリンドは欧米の人にメジャーな観光地のようで、サーフィンをしないのに訪れている人も多かった。

 

レンタル料

1日20ドル。

スクール

またスクールも多くあり、1日50ドルほど。

 

注意点

ただメジャーなところがゆえに、観光客からカネをむしり取ろうとした輩に遭遇した。

 

たしかに高いスクールにいけば、サービスは問題ないだろうが、その分高いお金を取られる。

 

逆に安い所にいけば、値段は安く住む分、サービスはいまいちなところがある。

 

2つに1つだ。

 

エルゾンテEl Zonte(エルサルバドル)

プロ?レベルの高いサーファー達@エルサルバドルProfessional?High level surfers@El Salvador

管理人イチオシのサーフスポット。

 

エルトゥンコに比べ、人が少なく混雑していない。

 

とはいえ、波はウィンターシーズン(雨期)は完全に上級者向けになる。

 

しかしホンモノのサーファーを一度見てみたい人は、ぜひ訪れることをおすすめします。

 

時期にもよりますが、ここはレベルの高い人しかいない気がします。

 

初心者でも大丈夫?

ちなみに上の動画の最初の人は、よく見るとビート板で波に乗っている。

 

サーフィンやらない人は、ビート板で遊んでみることをおすすめする。

 

エルスンザルEl Sunzal

ここはエルトゥンコから少し奥地に行ったところにある。

 

人は他の2つより一番少ない。

 

ただエルトゥンコから、海辺で歩いていけるので、エルトゥンコに行ってみたい人は、この辺の宿で泊まって、浜辺を歩いてエルトゥンコに行くのもいいだろう。

 

レンタル料

1日15ドル

 

スクール

15ドル。

 

 

エルトゥンコEl Tunco

サンサルバドル近郊で最も有名なビーチ。

 

店や人も多く、サーフィンすると人とぶつかる可能性あり。

エルサルバドルに行った感想2019

 

初心者がいきなり行っても大丈夫?

時期と場所によります。

 

日本の夏は、中米の冬にあたり、雨期(モンスーンシーズン)となります。

 

雨が川から大量に海に流れ込み、波も高くなる為、上級者向けの波となります。

 

ただ、スクールはこの時期でも初心者向けもやっているので、スクールに行けば問題ありません

 

私は初心者にも関わらず、強引にやってしまって、何度か溺れかけました。

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
中米
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク