長距離・夜行バスはなぜ寒い? | 世界の宗教とスピリチュアル

長距離・夜行バスはなぜ寒い?

長距離バスって寒いことも多いですよね。

その謎を今回解明していきましょう。

 

運転手が眠くならないように

乗客としての立場だと快適さを求めてしまいますが、当たり前ですが運転手ありきでバスは運行されています。

 

運転手さんが眠くなって事故に遭ったら大変ですよね。

 

そう考えたら、夜行バスが寒いのも納得がいきますよね。

 

 

途中下車の人が熟睡しないように

団体の貸切でない限り、途中で下車する人がいることでしょう。

 

そんな時、バスが快適すぎて寝てしまっていて、途中で降りるはずなのに通り過ぎてしまった!なんてことが起こりかねません。

 

なのであまり快適すぎず、熟睡できない室内温度に設定されているのかもしれませんね。

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク