海外旅行で実際に経験した盗難事件〜体験談〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

海外旅行で実際に経験した盗難事件〜体験談〜

アジア

私は海外40カ国以上旅をしてきました。

その中で何度か盗難事件に遭遇しましたので、その話をまとめました。

海外(南米/エクアドル)でスマホを盗難された話

 

スマホをパクられた

南米エクアドルの首都キトで

南米で歩きスマホが御法度なのは知っていたのですが、つい油断して、路上でスマホを使ってしまいました。

 

ほんの一瞬でスマホを抜き取られてしまったので、みなさん油断は禁物です。

 

歩きスマホを盗られた話は以下の記事にまとめてあります。

海外でスマホを盗難された話

 

ウユニ塩湖で

ウユニ塩湖のツアーに参加した際に、強盗と思しき人たちに遭遇したことがあります。

 

このことは以下の記事に詳細に記載しています。

 

ウユニ塩湖ツアーで強盗に遭いそうになった話

 

セネガルの路線バスで

senegal saint-luis~dakarセネガルのサンルイ〜ダカールのバス

これは私が実際に被害に遭った話です。

 

時間は夕暮れ時。アフリカを陸路で横断中のセネガルで、市街地から宿に帰る際に路線バスに乗ろうと思い、停留所でバスを待っていました

 

しかしバスがなかなか来ません。

 

バスがやっと来たかと思うと、今度はバスがなかなか発車しません。

 

どうやら夕暮れ時で道路が渋滞しているようです。

 

道も狭く繁華街であるため、道路にお店の一部がはみ出していて、ただでさえ狭い道路を圧迫しています。

 

そして仕事終わりの人たちが次々とバスに乗って来て、あっという間にバスは人でいっぱいになりました。

 

そうこうしているうちにグーグルマップを見ると、

私が本来降りるべきバス停を既に通り過ぎていました

 

焦った私は、人の波をかいくぐり、なんとか次のバス停で降ります。

 

なんとなく身軽になったなと思った私は、ふとポーチに目にやると、なんと既に財布がありませんでした。

 

外は真っ暗。

 

スマホの電池もありません

 

Googleマップなしで宿まで帰れる自信がなかったため、帰ることを優先し、届け等はせずそのまま宿まで帰ったのでした。

 

スられた財布にカードをまとめて入れていたため(←バカ)、手持ちのカードは一切なく、かろうじて持っていたUSドルを現地の通過のCFAフラン(現地通貨のセーファ)に翌日近くの銀行で換金し、ギリギリの状態で日本に帰国するのでした。

セネガル観光まとめ

 

アメリカのグレイハウンドで

サンフランシスコからサンディエゴに向かうグレイハウンド(アメリカの長距離バス)にて、韓国人の男の子がどうやらスマホを盗まれたようでした。

 

話によると、ある人にスマホを貸して欲しいと言われ、貸してしまったらそのままその人はバスを降りてしまったそうです。

 

乗客は皆行き先に行くことしか考えていないので、警察を呼ぶどころか、

誰も親身になって話を聞いてくれる人はいませんでした

 

ちなみに当時アムトラックは汚いとか、虫がいると言われていて、

気合いを入れて乗った記憶があります。

 

しかし衛生面に関して言えば、全くと言っていいほど問題ありませんでした。

恐らく今も問題ないと思われます。

 

カンボジアの安宿で

カンボジア・シェムリアップ

私は海外に行く際、一番安い男女混合のドミトリー泊まることが多いです。

 

ゲストハウスのドミトリーで暮らすことのメリット・デメリット

 

盗難がそう頻発しているわけではないのですが、それでも盗難が度々発生していることもまた事実です。

 

私がカンボジアのシェムリアップの安宿に泊まった時の話になります。

 

その際に、私のドミトリーのベットの隣にフランス人の男性が居たのですが、その人はiPhoneの充電ケーブルを差しっぱなしの状態で外出してしまいました。

 

ふと目をやると、メキシコ人が私のベッド周辺でモソモソやっています。

 

何をやっているんだろうとは思いましたが、私はベッドに盗られるような物を置いてなかったので、特に気にせず、その時私は歯を磨いていました。

 

夕方になり、フランス人が帰ってくると、充電ケーブルがないと騒ぎ出します。

 

メキシコ人が私のベッド周辺でうろうろしていたことを話すと、すかさずフランス人は受付にメキシコ人の行方を聞きます。

 

どうやらそのメキシコ人は、既にその宿をチェックアウトし、カンボジアの首都のプノンペンに行ってしまった後だったようです。

 

アジアまとめ

カンボジアのアンコールワット周辺で募金詐欺に遭いそうになった話

 

ロシアの安宿で

これは同じ宿に泊まっていた日本人の話です。

 

その人は同じ宿で仲良くなったロシア人に、スマホを貸してしまったそうです。

 

その日本人はそのまま外出し、宿に帰ってくると、スマホを貸したロシア人がいなくなっていたそうです。

 

また警察に経緯を報告すると、外国人であるためか、結構めんどくさがられたらしいです。

 

ロシア観光旅行まとめ

 

海外で人に親切にするのはほどほどに。

 

スウェーデンの安宿で

本件は未遂とはなりますが、一応掲載しておきます。

 

スウェーデンは安宿のドミトリーといっても、カードキーがあるのが普通の様です。

 

*他の国のドミトリーだと、カードキーがないのが普通です。

 

ある時ドミトリーの部屋から出ると、見知らぬ黒人さんが部屋の前のソファに座っています。

 

彼と目が合うと、彼は昨夜酔っ払ってバーで宿のカードキーを無くし、ドミトリーに忘れ物があるから部屋の中に入れて欲しいと主張し始めます。

 

ゲストハウスのカードキーを無くしたのは問題ですし、そもそも私は彼を同じドミトリーの部屋で見かけたことがありませんでした。

 

もしかしたら私と入れ違いで、たまたま私が彼を見かけなかった可能性もありますが、他の人の貴重品もドミトリーにあるかもしれないので、問答無用で彼を部屋に入れるわけにはいきません。

 

とりあえずカードキーを無くしたことを取り沙汰し、受付に報告する様に促しました。

 

その後、その黒人さんを見ることはありませんでした

 

推測となりますが、恐らく部屋に入って何か盗もうとしたのではないかと思われます。

 

スウェーデン(ストックホルム)観光まとめ

 

鍵がないのに安易に部屋に入れてはいけない

 

アメリカのジムで

人生初、人が物を盗る瞬間に遭遇していました

 

私は後ろにある、ランニングマシンから見ていたのですが、男性二人が私の前で自転車のマシンに乗っていました。

 

片方の男性がボールペンなどの私物を置いて、マシンから離れました。

 

その瞬間隣にいた男性が、いなくなった男性のボールペンを盗ってしまったのです。

 

ボールペンを盗んだ男性は白人で若く、貧乏という感じでもなく、どこでもいそうな青年でした。

 

ジムも通っているため、生活にはそれなりに余裕があると思われるにも関わらず、ボールペンを盗んでしまったのです。

 

いやはや海外は日本と違うなと思った瞬間でした。

 

ナチュラルに盗む人がいる

 

 

バルト三国のラトビアで

洗濯場に干していたタオルが盗まれる

1000円くらいする良質なタオルを、ゲストハウスの洗濯場に干していたのです。

 

【女性ミニマリスト】世界一周旅行でも有効な、旅に必要な持ち物・不要なアイテム

 

そしたらいつの間に無くなっていましたね。

 

洗濯物はできれば自分のベッド周辺で干すようにしましょう。

 

 

人の食べ物を食べる

これは集団生活していると必ず起きるような気がします。

 

日本でいるときも、シェアハウスで誰かが人の物を食べるという事件は度々発生していました。

 

ラトビアで、朝食付きのゲストハウスに泊まっていたのですが、朝になってみると、あるはずの朝食がありませんでした。

 

私は諦めて近所のスーパーまで買いに行ったのですが、ある人たちはなんと既に冷蔵庫にある他の人たちの食材を食べ始めたのでした。

 

これには驚きましたね。

 

すごい外人

 

窃盗を犯罪と認識しない人が多い

 

盗難に関しての対策

スマホを人に貸さない、盗られてまずい物は人の目に触れないようにしておく、あるいは南京錠をかけてしまっておくことが大事でしょう。

 

また盗られた後の対応も、警察に届けたり時間も取られてしまいますので、やはり未然に物を盗られないように防ぐことが最も肝心だといえます。

 

またゲストハウスの冷蔵庫に食べ物を置いていると、かなりの確率で他の人に食べられる可能性は高いです。

 

なのでできれば冷蔵庫に置かず、自分のベッド周辺に置いておくか、食べ物に自分の名前などを書いておくことをおすすめします。

 

(ビールとかだと、名前書いてあっても飲まれてしまうようです。)

 

盗難じゃなくても、目に見えるところに置いておくと、海外の人は恥じらいもなくそれちょうだいとか普通にいってきます。(もちろん無料で)

 

変なトラブルに巻き込まれる前に、とにかく私物を人目に触れされないようにしておきましょう。

 

 

 

周りの人と仲良くなっておく

ある程度周りの人と仲良くなっておくのも手かと思います。

 

というのもある程度仲良くなっておいて盗難しづらくするためです。

 

ただ仲良くなって物を貸したりはしない方がいいでしょう。

 

盗難の1番の対策はとにかく物を人の目に触れさせないこと。

 

南京錠をいちいち使うのが面倒に感じる時はブランケットや服の下にスマホやパソコンを置いておくのも有効です。

 

まとめ

ここでは海外の窃盗事件を上げましたが、意外と日本でも頻繁に起きているように思います。

 

管理人は高校生の時傘と自転車を盗まれたことがあります。

 

ボールペンや傘は確かに安いですが確実に窃盗という名の犯罪だし迷惑なので絶対に辞めてください

 

なぜかビニール傘は盗んでオッケーと思っている人が多いような気がします。

 

盗難対策はとにかく人目にさらさない

コメント

  1. berkey より:

    What’s up, this weekend is nice for me, since this time i am reading this impressive educational paragraph here at my home.|

  2. feed より:

    Your style is so unique in comparison to other people I’ve read stuff from. Thanks for posting when you’ve got the opportunity, Guess I will just book mark this page.|

  3. feed より:

    Hiya! I know this is kinda off topic nevertheless I’d figured I’d ask. Would you be interested in trading links or maybe guest writing a blog post or vice-versa? My blog covers a lot of the same subjects as yours and I feel we could greatly benefit from each other. If you are interested feel free to send me an e-mail. I look forward to hearing from you! Fantastic blog by the way!|

  4. thefeed より:

    This is a topic that is near to my heart… Cheers! Where are your contact details though?|

  5. hello guos 9128738517

  6. I’m really enjoying the design and layout of your website. It’s a very easy on the eyes which makes it much more pleasant for me to come here and visit more often. Did you hire out a designer to create your theme? Exceptional work!|

  7. superbeets より:

    You could definitely see your enthusiasm in the work you write. The arena hopes for even more passionate writers such as you who are not afraid to mention how they believe. Always follow your heart.|

  8. I like this web blog very much so much superb info .

  9. Hi, i believe that i noticed you visited my website so i came to go back the desire?.I am attempting to in finding things to improve my site!I guess its adequate to make use of a few of your concepts!!|

  10. wonderful post, very informative. I’m wondering why the opposite experts of this sector don’t understand this. You should continue your writing. I’m confident, you’ve a huge readers’ base already!|

  11. This is a really good tip especially to those new to the blogosphere. Short but very accurate info… Thank you for sharing this one. A must read post!|

  12. Tһe original of this ᴡork, La Psychologie ԁeѕ Foules, was first translated anonymously іnto English ρossibly by
    a group of French students. Sparkling Books һaѕ
    corrected errors and anomalies in tһe original translation ƅy reference to
    the Alcan edition. Ꮃe have shortened a few passages Ьut maintained tһe original footnotes ɑnd hаve added ѕome footnotes ᧐f оur oԝn.
    Thіs book іs a foundation of mass psychology.
    Gustave Ꮮe Βon throws light ߋn tһe unconscious irrational workings of grοսp thoսght ɑnd mass emotion аs
    he pⅼaces crowd ideology іn opposition to free-thinking ɑnd independent minded individuals.
    Ꮋe also sһows how thе behaviour ᧐f an individual chаnges when ѕhe/he is part of a crowd.

    Le Вon ѡas аn eminent psychologist ɑnd sociologist.
    The ideas Ꮮe Bon explores in Psychology ᧐f Crowds arе extremely relevant tο todаy’ѕ society ɑnd were
    of pivotal impoгtance in tһе early years of group psychology: Sigmund Freud’s Massenpsychologie ᥙnd Ich-Analyse (1921); (English translation Ԍroup
    Psychology ɑnd the Analysis ᧐f the Ego, 1922) waѕ based on ⅼe bоn; http://www.sparklingbooks.com,’s work
    Crowd psychology, also knoᴡn aѕ mob psychology, is
    a branch οf social psychology. Social psychologists һave developed ѕeveral
    theories fоr explaining tһe ways in which the psychology оf
    a crowd differs fгom and interacts ѡith that of the
    individuals ᴡithin іt. Crowd behavior іs heavily influenced by the loss οf responsibility
    οf tһe individual ɑnd the impression of universality
    οf behaviour, both of ѡhich increase ѡith crowd size.
    Сontents:
    Τhis book iѕ divided іnto three sections:
    Book Ι – Ꭲhe Mind of Crowds
    Book II – Tһe Opinions and Beliefs оf Crowds
    Book 3 – Ꭲhe Classification ɑnd Description оf thе Diffеrent Kinds of Crowds
    Ꭲhe book concludes ѡith a chapter ⲟn electoral crowds wһіch іs
    highly relevant to օur tіmes.

  13. Have you ever heard of second life (sl for short). It is essentially a game where you can do anything you want. Second life is literally my second life (pun intended lol). If you would like to see more you can see these second life authors and blogs

  14. Have you ever heard of second life (sl for short). It is essentially a online game where you can do anything you want. SL is literally my second life (pun intended lol). If you would like to see more you can see these sl articles and blogs

  15. berkey water より:

    Now I am ready to do my breakfast, once having my breakfast coming over again to read further news.|

  16. Hey very cool website!! Man .. Beautiful .. Amazing .. I’ll bookmark your blog and take the feeds also…I am happy to find so many useful info here in the post, we need work out more techniques in this regard, thanks for sharing. . . . . .

  17. Flor Hagen より:

    Just wanted to say thanks! I love sucking dick btw hmu

  18. I really admire your writing! I love sucking dick btw hmu

  19. Charlesexorm より:

    moeru yokai jiten japanese monster encyclopedia art book Site De Qui En Mm Temps Gratuitement v pattabhiram sfm book pdf

  20. Casino De St Gilles A La Reunion Carte Bancaire Casino Comment L Obtenir Bilan Casino Digital Paris

  21. Sextoy Chez Casino Casino Chemin Vert Skoll Prix Casino

スポンサーリンク