サンフランシスコでのインターンシップまとめ | 女一人旅まるこめブログ

サンフランシスコでのインターンシップまとめ

私は大学生の時にサンフランシスコでインターンシップをやったのですが、その時の感想をまとめてきます。

英語が話せなかった

非帰国子女が英語力を向上させるにはどうしたらいいのか【英語 勉強法 社会人 初心者】

まず当時の私は英語が話せずにアメリカに行ってしまいました。

それで任される仕事といえば、単なる雑用

 

 

 

高額なお金を払っていた

インターンシップといえば、場所によっては有給な所も多いのです。

しかしこともあろうか、私はお金を払って雑用をこなしていました

なんか最近よく聞く、サロン詐欺みたいですよね。

おすすめのオンラインサロンとは?

私が利用した代理店はインタラックス(intrax)というところ。

 

 

 

金曜日の午後は誰もいない

金曜日の午後になると、オフィスにはほぼ誰もいなくなります

日本の会社だと考えられないですよね。

昭和の日本の労働環境は本当にひどかった話。〜戦争を経験している世代の話〜

 

 

 

部署ごとクビ

サンフランシスコのインターンから帰国後、元同僚から連絡が来ました。

前にいた会社は辞めて、今は別の会社で別の仕事をしているとのこと。

話を聞くと、どうやら部署ごとクビになったようです。

部長から全員クビ。

日本だと考えられないような気がします。

 

 

 

白人が少数派

アメリカ人といったら、一体どんな人を思い浮かべますか?

まず白人を思い浮かべるでしょうか。

確かに日本だとアメリカは白人というイメージが強いですが、現在のアメリカは白人が少数派になりつつあります。

しかもアメリカの西海岸ではその傾向が顕著です。

西海岸では特にヒスパニック、日系アメリカ人、中国系アメリカ人、ベトナム系アメリカ人が多くいます。

スポンサーリンク