【海外移住】デュアル生活は金持ちじゃないあなたでもできる

スポンサーリンク

芸能人でが海外と日本とのデュアル生活をしていて、うらやましいと思ったことはありませんか?

 

今回はそんなデュアル生活のやり方を紹介します。

海外移住を本気で考えてみた

 

メキシコ

メキシコはビザが180日間と、約6ヶ月も滞在することができます。

 

かつ日本と比べて物価は安いため、管理人イチオシの移住先となります。

 

ビザが切れたらエルサルバドル一旦入国して、またメキシコに戻ってくれば滞在日数を増やせます。

 

またバスの運転手にお金を払ってパスポートを渡せば、エルサルバドルのスタンプをもらって来てくれることもあるようです。

メキシコ・カンクンに行ってみた感想

 

カナダ

カナダも日本人は6ヶ月滞在することができます。

 

ただネックなのは物価が高いこと

 

日本である程度稼げる人でないと難しいかもしれません。

一生旅人を続ける方法

 

オーストリア

オーストリアも日本国籍者ならビザなしで6ヶ月滞在することができます。

 

しかしこちらもカナダ同様、物価が高いので、日本である程度稼ぐ必要があります。

国別幸福度ランキング2018解説【トップから最下位まで】

 

中南米

中南米はヨーロッパと違って、それぞれが違う国で別の国に渡った際にビザの有効日数がリセットされます。

 

なのでコロンビアに滞在したら、今度はエクアドル、またコロンビアに戻るといったことができます。

 

また物価が安いので、ある程度散財できるでしょう。

中南米まとめ

 

アメリカ

アメリカはビザが厳しいイメージですが、3ヶ月以内の場合、ネット上のエスタを申請すれば、日本国籍者は簡単に行くことができます。

ハワイ

日本人でデュアル生活に憧れている人の中で、ハワイを考えている人も多いのではないでしょうか。

サンフランシスコでのインターンシップまとめ

 

仕事

この記事を読んで、仕事はどうするの?と思った人もいるでしょう。

 

確かに会社員だと難しいでしょう。

 

しかしこれからは正社員でも十分クビになるリスクはあり、今のうちから自分の力で稼ぐ力を身につけておく必要があるでしょう。

大企業・大手に就職したい?確かに会社はなくならないかもしれないけど

 

それを踏まえると最初は苦しいでしょうが、フリーランスとなり、稼げる時に稼いで仕事がない時には物価の低い国などに滞在すれば、生活費も安く抑えることができます。

メールの返信が早い方がいいは本当?返信が早ければ仕事できるはウソ

 

まとめ

デュアル生活ができるのは先進国出身者の特権です。

 

貧困女子とかいってないで、さっさとデュアル生活を始めた方がいいかもしれません。

貧困女子に関して〜自分が貧困だと思うなら旅に出ろ〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
お金
はげまるをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク