ビーガンはなぜやる?まとめ~健康面より地球温暖化対策~ | 世界の宗教とスピリチュアル

ビーガンはなぜやる?まとめ~健康面より地球温暖化対策~

雑談

最近、流行しているヴィーガンってご存知ですか。

なぜ人や動物を殺してはいけないのか理由を考えよう

 

ビーガンの有名人

日本人だと、ビーガンを公言している有名人は少ないですが、海外セレブだとマドンナやトムクルーズを始めとして、枚挙にいとまがありません。

 

他にはアリアナグランデ、スポーツ選手ではカールルイスといった人もいます。

 

ベジタリアンとの違い

ベジタリアンは卵は食べますが、ビーガンは卵を食べません。

動物性製品を食べない

ビーガンは肉だけでなく、牛乳・チーズといった動物性製品を食べません

なのでタンパク質が不足しがちですが、代わりに彼らは豆を食べます。

日本のカフェはなぜ質が低いし価格が高いのか

 

動物保護の観点が強い

ベジタリアンはあくまで健康を目的としていますが、ヴィーガンは動物保護の視点が強いです。

なので食生活に限らず、動物製品も身につけません。

モロッコはノマド天国

 

貝と野菜はOK?

ヴィーガンではない人間からすると野菜や貝だって生き物なのに、なぜかヴィーガンでも貝と野菜は食べていいようです。

その理由は、植物や貝は痛みを感じないから。

現段階で痛みを感じるとは知られていないだけで、研究が進むともしかしたら野菜だって痛みを感じているかもしれない。

 

将来的に海洋汚染が心配されますので、魚は食べられるうちに食べたほうがいいかもしれません。

 

 

ビーガンが摂取できない栄養素

ビタミンB12

核酸、赤血球の生成に関与し、欠乏すると悪性貧血の原因になります

参考

ビタミンB12はアデノシルコバラミン、メチルコバラミンが含まれている。

このコバラミンは母親から受け継ぎ、出生後には母乳から摂取するものになり、普通は欠乏症になることはない。

 

参考の記事では、ビーガンよりも現代の動物性脂肪の取り過ぎをむしろ否定している。

ビーガンのほうが生活習慣病のリスクを下げられると締めくくっている。

 

 

ヴィーガンエピソード

友達4人が集まって、レストランにご飯を食べに行こうとしていました。

 

しかし一人だけヴィーガンの人がいて、一人がおすすめするお店には行けないとのこと。

 

そうするとヴィーガンの人がおすすめするお店に行くことになりましたが、実際に行くとそこは高く、後から話を聞いたらそのレストランの値段が高かったことに対して、不満に思っっていたメンバーもいたようです。

 

ヴィーガンの人の中でも、他人にも強要してくる人たちもいますが、そういう人を抜きにしても意外と厄介なものです。

 

また、あるヴィーガンは、すでに肉の入ったキムチを、わざわざ肉だけ取り除いて食べていましたが、既に殺された動物の肉なのだから間違って買ってしまったのであれば、殺された動物のためには食べた方がいいのではないでしょうか。

 

 

 

ペスクタリアン

ベジタリアンでも色々あり、その中でペスクタリアンというものがある。

これは魚や卵は食べてOK!というもの。

でもこれなら日本人は特に意識してなくても、自然とそうなっている人はそこそこいそう。

 

ヴィーガン実体験談

ニューヨークでヨガのインストラクターをやっている人が、インストラクターの資格を取る際にインドでヴィーガン生活をしていたので、その時の体験を聞くことができました。

インドでヨガのインストラクターの資格を取るには、1ヶ月で200時間ヨガのトレーニングを受けなければなりません。

食事も提供され、そのメニューはカレーのみで、自動的にヴィーガン生活を強いられたそうです。

その際の体のコンディションは、今まで経験したことのないほど最高だったそうです。

 

うんこもそのトレーニング期間は、全てきれいな形だったそうです。

 

ただその人はお酒やお肉が好きなので、今はヴィーガン生活は継続していないそうですが、一度やってみる価値はありそうですね。

 

ヴィーガンやって辞める人は多い

日本人だとそもそもヴィーガンって何?ってとこから始めなきゃいけないですが、海外だと既に一度ヴィーガンやって辞めたという人は多い。

実際ヴィーガンを経験した人は、体調不良を訴える人は多いようです。

参考

上のリンクでは、ある女性ヴィーガンがヴィーガン生活により、2年間も生理が来なかったと告白しています。

ただこの告白を聞いた人たちは、ヴィーガン生活始める体調不良ヴィーガン生活はよくないね〜という流れを経験する人の多さにうんざりしているようです。

 

 

本気でヴィーガンをやりたいと考えている人は、豆を食べることを忘れてはならない。

 

なぜなら肉を食べないことにより唯一、タンパク質を摂取できるものであるからだ。

 

豆は日本人にはなじみがあるが、欧米の人は日本人ほど豆は食べない。

 

なのでヴィーガンを食べる人が多いのではないかと思う。

 

カルシウム

本気でヴィーガンをやっている人は、タンパク質だけでなく、カルシウムも不足しがち。

しかし、意外と野菜・豆類で代用できるよう。

 

チンゲンサイ、アーモンド、枝豆、豆腐。

 

実は海外サイトで本項目が取り上げられていたのだが、枝豆と豆腐は日本のもの。

日本人でヴィーガンの人は少ないものの、日本食は限りなくヴィーガン食に近いものがあるようです。

参考

 

肉だけを食べない人

ペクスタリアン

魚は食べるし、卵もたべるし、牛乳は飲んでチーズも食べる。

そういった人たちを俗に、ペスクタリアンと呼ぶらしいです。

 

個人的には地球温暖化に強い関心を持っており、メタンガスを大量に放出して肉は生産されることを知り、まずは牛肉を食べないことから始めてみようかと思った。

 

 

おすすめビーガン食

私がおすすめるのは、ヒンドゥー飯。

 

ヒンドゥー教徒は、牛や豚などの肉は食べませんが、チーズや牛乳といった乳製品は摂取します。

 

考え方としては、動物は殺さないが、動物を殺さないで摂取できるものは食べるようです。

 

なるほど、これなら不足しがちなタンパク質やカルシウムも、野菜からだけでなく摂取できそうです。

 

ただ個人的には、魚は将来水質汚染などで食べられなくなる恐れがあるため、魚は食べておこうかなという、非ビーガンです笑。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク