シベリア鉄道代行予約は不要!ネットから簡単に予約する方法2018 | 女坊主一人旅ブログ

シベリア鉄道代行予約は不要!ネットから簡単に予約する方法2018

ロシアに行く際にシベリア鉄道に乗ろうと思った時、日本の旅行代理店に頼むと10万円ほどかかるそうです。

しかし個人で頼めばウラジオストク〜モスクワ間の3等車であれば約1万8千円ほどでいけます。(おすすめは北京から行く方法です)

英語サイトにはなりますが、該当サイトから簡単に予約できますので、そちらのやり方を紹介します。

まず、下記サイトをクリックします。

シベリア鉄道サイト

 

そうすると、上記のシベリア鉄道のサイトが表示されると思います。

“Departure city:”(出発地)の箇所に文字を入力すると、上記の様に候補地が表示されます。
*候補地が表示されるまで少し時間かかりますが、表示するまで待ってください。

表示された候補から選択しないと、正しく単語を入れてもシステムが認識しているのが大文字だけだったりして、”Search”(検索ボタン)を押した際に、上記の様に”Unknown station”(不明な駅)として表示されてしまいます。

 

“Arrival city:”(目的地)の空欄の箇所にも同様に文字を入力し、表示された候補から目的地を選択します。

 

“Departure date:”(出発日)と”Return date:”(到着日)の箇所をクリックするとカレンダーが表示されます。

全て入力を終えたら”Search”(検索)ボタンをクリックします。

そうすると、上記の様に検索結果が表示されます。

右側にある”View seats”をクリックします。

そうすると、席の詳細が表示されます。

表示されている表のうち左から2番目の列の”Photos”をクリックすると写真が表示されます。

実際の車両と写真はそこまで変わらないのでかなり参考になると思います。

一応補足しておくと、私が実際乗った車両は綺麗でした。

”Select seats”から”+”にて必要な席数を入力します。

入力したら”Continue”をクリックします。

上の画面が表示されたら上から順に”First name”(下の名前)、”Last name”(苗字)、”Middle name”(あればミドルネーム)を手打ちで入力します。

“Gender”性別はプルダウンから、”Male”(男性)、”Female”(女性)を選択します。

”Citizenship”は”JAPAN”(日本)と入力します。

”Passport number”はパスポート番号を入力します。

”Birthday”(誕生日)は日にち、月、年の順にそれぞれプルダウンから選択します。

それで”Continue with booking”をクリックします。

”Contact Person”(連絡先人物)の箇所は既に埋まっているので、カード情報をそれぞれ入力します。

 

カード番号が入力し終わったら予約完了となります。

完了直後に来るメールはあくまで予約が完了したことを知らせるメールとなります。

有効な乗車券と交換できる書類は後日改めてメールにPDF形式で添付されてきます。

 

いつから予約OK?

実際に前述したサイトで確認するしかないでしょう。

または直接シベリア鉄道会社に問い合わせるのも手でしょう。

 

まとめ

上記の様にシベリア鉄道に予約するのは、ネットさえあれば簡単にかつ安く行くことができます。

日本にいるとなかなか長距離電車に乗る機会がないと思いますので、一生に一度は乗ってみたいものですね。

コメント

スポンサーリンク