【ノマド生活】チェーン店カフェレビュー〜意外とおすすめ〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

【ノマド生活】チェーン店カフェレビュー〜意外とおすすめ〜

ノマドにとって死活問題なのが、電源とwifi。

 

今回はノマドが歓迎されてそうな、チェーン店をまとめていきます。

 

スターバックス

スターバックスは元祖ノマドの生息地といえるでしょう。

 

安定のwifiと電源。

 

長くいてはいけないと知りつつも、居心地の良さについつい長居してしまいます。

スタバでマック叩いているヤツの特徴

 

 

 

ガスト

今までガストはドコモやauといった大手キャリアと契約している人でないと、wifiに接続することはできませんでした。

 

しかし2018年3月からは、制限なくwifiが利用できるようになりました。

参考

 

おすすめポイント

ガストのおすすめポイントは、朝7時から開いていること。

 

もちろんお店によって異なりますが、朝7時から開いているお店は少ないので、朝方の人間にとってはありがたいです。

 

電源

電源は残念ながらありません。

 

パソコンの充電機能やパソコン用のモバイルバッテリーを使うほかないでしょう。

 

料金

お昼〜夕方の時間帯のドリンクバーは、税込みで439円と、少々お高めです。

 

朝の時間帯は、100ほど安くなりますので、朝に作業したい時におすすめです。

 

 

サイゼリア

サイゼリアは、安くておいしいことでも有名ですよね。

 

ただ、驚くべく事は、低価格帯にも関わらず、wifiや電源が使えること。

 

料金

ドリンクバーは280円とやはり安い!

 

注意点

サイゼリアを利用するにあたって注意したいことは、なんといってもうるさいということでしょうか。

 

低価格帯がゆえに、小学生を始めとする学生も多くいて、かつ騒いでいる場合もありますので、作業に集中できないかもしれません。

 

ドトール

ドトールは190円でコーヒーが飲めるほど、価格帯が安くて、wifiがあります。

 

少し前に白ドトールが誕生し、スタバ派が随分ドトールに流れ込みました。

 

 

タリーズコーヒー

タリーズコーヒーは、スターバックスと同じことをしようという名目の元、創業しました。

 

個人的にはタリーズコーヒーをおすすめしたいところですが、いまいち、電源・wifiがない店舗も多いため、スターバックスのようにはおすすめできません。

 

スタバと同じことするといっているのに、スタバと比べるに値しないような気がします。

 

ただ日本と韓国には、名義貸しのようなもので、アメリカ本土のタリーズとはどうやら業態が異なるようです。

参考

 

 

シアトルズコーヒー

あまり店舗は多くありませんが、シアトルズコーヒーもノマドの場所としておすすめでした。

 

しかし最近では認知度が高くなってしまったせいか、結構うるさくなってしまった印象です。

 

もしかすると作業するには不向きかもしれません。

 

ちなみに現在シアトルズコーヒーは、スターバックス傘下となります。

 

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
お金
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク