絶対に買ってはいけない株とは? | 世界の宗教とスピリチュアル

絶対に買ってはいけない株とは?

お金

株に手を出す人は多いが、実際にトータルでみた時、利益を挙げている人は実は少ない。

 

今回は絶対に買ってはいけない株を紹介しよう

 

 

パナソニック

かつて日本を代表する企業だった、松下電器こと現パナソニック。

長期で見てみると、緩やかな下落を描いています。

 

PERを見ると割安となっていますが、第2次産業の衰退を背景に考えると、今後回復するとは考えにくいでしょう。

 

 

ライブドア株

さすがに最近のライブドアが話題になることは少ない。

 

しかし当時から、完全に買ってはいけない株だった。

 

というのも、株価が上がっていたのも、内部で株を買い、株価を吊り上げ、株価が高値になった時に売却し、利益を得ていたからだ。

 

 

ソフトバンクグループ

最近では買収に失敗し、失速がちなソフトバンク。

 

先に述べた、ライブドア同様、株価のつり上げは行っているようです。

 

 

簡単な見分け方

当たり前のことだが、株を買う際に財務諸表などを読むことは必須だ。

 

だがその前に、簡単に買ってはいけない株をいうなら、みんなが知っているような有名な会社は買ってはいけないといこと。

 

特にユニコーン企業といった、注目されている会社は株価がムダに高く、実態が伴っていないことが多い。

 

一番いいのは、あまり知名度のない、地味な会社を買うことをおすすめする。

 

地味な会社だと、仮に不祥事があっても、大してニュースにならない。

 

みんなが知っている会社を買うのは、株価がすでに高く、なにか不祥事があれば、株価はすぐに暴落し、損するだけ。

 

愚の骨頂なのだ。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
お金投資
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク