銀婚式・定年退職祝いにおすすめ!〜北欧はあなたを裏切らない〜北欧クルーズ | 女坊主一人旅ブログ

銀婚式・定年退職祝いにおすすめ!〜北欧はあなたを裏切らない〜北欧クルーズ

海外情報
dav
この記事をご覧いただいているということは、近々特別な日が近づいていることと思います。

まず北欧とは?

ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランドに、バルト三国(エストニア、ラトヴィア、リトアニア)、ブリテン諸島、アイスランドを含む。

引用:Wikipedia

日本人の認識だとスウェーデン・フィンランド・ノルウェーあたりが北欧という認識だと思いますが、バルト3国も北欧に入ってくるようです。

 

なぜ北欧なのか?

比較的安全

以前というか、今でもフランスやスペイン・イタリアあたりが日本人旅行者では人気のエリアかと思います。

ただこの辺りの地域は日本だけではなく、世界的に有名な観光名所となるため、世界中から観光客が押し寄せます。

それがゆえに、観光客を狙ったスリや詐欺師もたくさんいます。

また最近では移民によるテロや犯罪が多発して決して安全とは言えない地域です。

もちろん北欧エリアに移民はたくさんいるのですが、フランスやドイツほどテロや犯罪が多発している訳ではないので、比較的安全と言えるのです。

 

高齢者が多い

こちらも説明するまでもないでしょうが、北欧は福祉大国であり日本と同様、高齢者の人口比率が多い国となります。

なので町中に至る所に車椅子のマークがあったり、実際に道行く人も高齢者が多かったりして高齢者に優しい国となります。

 

子連れでも問題ない

高齢者だけでなく、子連れにも優しい国となります。

ただこちらは子連れで行っても金銭的に余裕がある人限定になってしまうので、こちらはよく検討する必要があると言えます。

 

街並みが綺麗

さすがヨーロッパだけあって街並みが本当に綺麗です。

ただ街を歩いているだけで全てが美しいです。

 

日本人がストレスを感じることがない

日本人がストレスなく旅ができる国は非常に限られている気がします。

特にアジア地域は旅行しやすいとは言え、街並みが綺麗とは決して言えないと思います。

北欧であれば前述した通り街並みが綺麗ですし、お店や電車などもクレジットカード払いが基本となり現金によるストレスを感じることはありません。

ただトイレに関しては若干ストレスを感じることがあるかも知れません。

トイレは有料の場所が多く、コインを用意しておく必要があります。

海外トイレ情報に関しては下記記事にまとめたので、よかったらご参照下さい。

http://mayuowww.com/?p=1624またトイレは有料の場所が多く、コインを用意しておく必要があります。

 

北欧で旅行する際の注意点

物価が高い

もうこれは私がいうまでもないでしょうが、物価が高いです。

ただ有給が取れただけで行くには正直もったいな場所になります。

なので銀婚式・新婚旅行・結婚記念日などの何か特別な日のために旅行するにはもってこいの場所となります。

物価は高いですが、それだけ行く価値がある場所と言えるのです。

 

物価が高くない場所もある

北欧と言えば物価が高いイメージは元々あると思いますが、バルト三国などの国はスウェーデンやフィンランドほど物価は高くありません。

またバルト三国は、治安も安定していて比較的ゆったり過ごせるかと思います。

ただ観光する場所は少なくなってしまうので、主に高齢者の方におすすめしたい場所となります。

 

北欧の中でもフィンランドがイチオシ!

北欧と一口に言っても意外と広いですが、私自身が独断と偏見でおすすめするのがフィンランドになります。

フィンランドはムーミンの国としても有名ですし、女性に喜ばれること間違いないです。

また国民性もスウェーデンと比べ穏やかな印象を受けました。

スウェーデンとフィンランドならどっちがおすすめ?違いは?〜観光旅行に行くとしたら〜
日本人の感覚からするとスウェーデンとフィンランドは どっちも北欧でどちらもさほど変わらない、 と思うのではないでしょうか。 私もスウェーデンとフィンランドに行く前はそう思っていました。 しかしこれ...

私がフィンランド推しの理由を上記にまとめましたので、よかったらご参照ください。

 

特別な日には相応の費用を

普段は日本やアジアで旅行されている方も多いかと思います。

ただ記念日などの特別な日にはそれなりの費用をかけるべきです。

北欧は物価が高く決して行きやすい国ではないですが、それに担う体験を私たちに提供してくれることも確かです。

 

中でもクルージングがおすすめです。

View this post on Instagram

#vikingline #ヨーロッパ

A post shared by Mayumi (@maruco9999) on

バイキングライン

上記サイトは北欧をクルージング体験できるサイトになります。

なんと日本語サイトもあったのでよかったらご参照ください。

残念ながら詳細情報のページは英語になってしまうのですが、何か質問があれば今回の記事にコメントいただければご質問にお答えしたいと思います。

 

自分で手配してみませんか?

海外旅行となると、旅行代理店を通す方も多いかと思います。

ただツアーなどに参加すると参加者同士のトラブルもありますし、なんといっても自分たちのペースでゆっくりできない最大のデメリットがあります。

特別な記念日だったらゆっくりしたいと思いませんか?

今はインターネットという大変便利なツールがありますし、言語に不安がある方はグーグル翻訳に頼ればいいと思います。

 

コメント

スポンサーリンク