飛行機に乗り遅れた3回経験と体験談 | 女坊主一人旅ブログ

飛行機に乗り遅れた3回経験と体験談

自称旅人のワタシ。

実はあまり人にいえないけれど、飛行機に乗り遅れた経験が3回もあるんです。

パスポートを飛行機内に忘れた体験談

 

チェックイン前

寝坊というわけではないのですが、1回目は最寄りの駅から成田空港までのバスでスイカが使えなかったのが発端です。

 

日本円を全く持っていなかったため、その時バスに乗ることができませんでした。

 

かなり時間に余裕があったため、次のバスで間に合うだろうと思い、バスを降りてしまいました。

 

しかし時間帯はお昼

 

バスの本数もまばらで、次のバスが30分以上先でした。

 

結局間に合わず、航空代1万円ほど無駄にしてしまうのでした。

 

 

インドからイラン行き

インドからイランへ行くのに、ネット上で自分のクレジット・カードが使えませんでした。

 

なので、オマール航空のチケット窓口で直接航空券を買うことにしました。

 

そしたら前日の料金より値上がりしており、泣く泣く高い航空券を購入することにしました。

 

そしてニューデリーにある大学に通っている学生と仲良くなり、イラン行きの前日にこともあろうかその人の家に泊まりに行ってしまいました。

 

後はみなさんが想像する通り。

 

チェックイン時刻に間に合わず、航空券6万円がパー

 

やはり大事な日の前日は予定を入れてはダメですね。

 

 

チェックイン後

チェックイン後に遅刻すると、とにかくスタッフがかわいそうなんです。

というのも、空港で人を何度も呼んでかけずり周っているスタッフを見かけたことはありませんか。

 

あれはチェックイン後の遅刻者を収集するために頑張っているのですが、はっきりいってそこまでする必要はないのでは?と思ってしまいます。

 

 

日にちを間違えた

飛行機に乗り遅れた以前に、飛行機の日にち自体を思いっきり間違えた経験があります。

 

空港に行ったら、実は前日のフライトだったという、なんとも間抜けな話。

 

とはいえ、その日のうちにチケットを取り、そのまま日本に帰りましたけどね。

 

ビザを取得していなかった

ウラジオストク行きのフライト。

 

ロシアは日本国籍者でも絶対にビザが必要な国です。

 

それにも関わらず、一切ビザの手配をせずにそのまま空港に行ったら、

 

”ビザがないと飛行機に乗せることはできません”とのこと。

 

そのときに初めて、ロシアはビザが必要な国であることを知るのでした。

各国ビザまとめ(無犯罪・日本国籍所有者)〜日本パスポートは最強〜

 

 

飛行機に乗り遅れたまとめ

飛行機に乗り遅れると、お情けで乗せてくれそうな気がしますが、グランドスタッフは容赦ありません。

 

遅刻は遅刻。

 

飛行機に乗り遅れると、単に飛行機代がパーになるだけです。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
はげまるをフォローする
女坊主一人旅ブログ
スポンサーリンク