海外旅行の両替のやり方はどうするのが一番なのか

旅人の私でも、海外旅行の際のお金の運用は悩みのタネの一つです。

 

 

少額を少しずつ下ろす

アフリエイトの横行により、日本から現金を持っていく人も多いようですが、できるだけ現金は海外では持たない方がいいでしょう。

 

というのも、クレジットカードであれば盗られてもすぐに停止することができますが、海外では現金だと盗まれれば返ってこないことが普通です。

 

この前、現金30万円を持ち歩いていた日本人に遭遇し、その人はシャワーを30万円と一緒に浴びていたそう(もちろん防水ケースに入れて)。

 

現金を持つとその分神経がすり減るので、面倒で手数料もかかりますが、必要に応じて現金を少額ずつ下ろすようにしましょう。

手数料がかかる?

現地のATMを利用すると、5ドルだとか結構な額がかかると表示されます。

 

しかし実際、日本で請求書を見ると現地のATMの手数料はかからず、日本のカード会社の手数料のみだけが徴収されています。

 

 

 

空港で両替

空港の両替所はレートが悪いことでも有名。

 

まずは空港で市街地に出るまでのお金を替える程度にしておきましょう。

 

NEO MONEYカード

手数料は4%+ATM1回引き出しごとに200円

 

 

個人的におすすめな方法

一番おすすめなのは、HSBC銀行の口座を開設すること。

 

そうすれば、現地の通貨と相性のいい通貨の口座からお金を下ろすことができます。

 

ただ、HSBC銀行の口座は誰しもが簡単に開設できるものではありません。

 

現実的な方法としては、プレスティアSMBC信託銀行外貨預金口座を開設すること。

 

そうすれば余計な手数料は取られません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
お金
はげまるをフォローする
女一人旅まるこめブログ
スポンサーリンク