子連れ海外移住は可能なのか? | 世界の宗教とスピリチュアル

子連れ海外移住は可能なのか?

 

海外移住

費用が安い国

海外移住が安くあがりそうなのは、東南アジア。

 

ただ気をつけたいのは、安全の確保に少々お金がかかるということ。

 

タイ

既に多くの日本人ならびに外国人が移住している人気の国となります。

 

そのため、日本語だけで不自由することなく生活できてしまうかもしれません。

 

ただ最近ではタイの物価が上昇してきているため、現地の物価が安いという実感は得られにくいかもしれません。

 

マレーシア

住みやすい国としてもよく挙げられているマレーシア。

 

個人的にもおすすめなのですが、実際住んでいる人の話を聞くと、日本人だと思わぬ出費をするハメになるのだとか。

 

確かに現地に安いレストランが点在しているのですが、日本人が食べて問題ないかは保証されていません。

 

衛生面は日本の水準に届いていないことも多く、外食の際は、高めのレストランに行く必要がありかもしれません。

 

老後は?

老後にマレーシアに移住を考えている人も多いかと思います。

 

しかし実際マレーシアに住んでいる人の話を聞くと、海外に行ったことがあまり行ったことのない人がマレーシアに移住することはおすすめしないとのことでした。

 

マレーシアは近代化が進んできているとはいえ、日本と比較するとまだまだ遅れている部分があります。

 

特に医療に関していうと、海外の医療は日本の健康保険の対象外ですし、医療分野も日本ほどの水準に達していないのが現状です。

 

生活費は抑えることができても、医療費などで結局日本に住んでいるときよりも高くついた、ということは十分に考えられます。

 

 

ヨーロッパ

誰もが憧れるヨーロッパ移住。

 

オランダ

現実的に一番難しいのがヨーロッパ。

 

スキルが無いと移住はなかなか難しいでしょう。

 

しかしオランダは他のヨーロッパの国と比べても、日本人に対してのビザの発給はゆるく、個人事業主としてビザを申請すれば、子連れ

 

 

カナダ

以前までは比較的移住しやすい国としてあげられていました。

 

しかし残念ながら、最近では移民を制限し始めてきたようです。

 

というのも、カナダは富裕層の中国人が相次ぎ移住したため、既に多くの中国系人が居住しています。

 

 

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク