転売系プラットフォームの特徴まとめ | 女坊主一人旅ブログ

転売系プラットフォームの特徴まとめ

 

eBayで転売輸出

eBayは、欧米圏ではメジャーなサイトですので、転売をやっている人が、海外転売するとなると、まずはeBay輸出を検討します。

 

メルカリやヤフオクで仕入れて、eBay輸出。

 

案外メジャーなようですよ。

 

特に、日本人は品持ちがいいので、日本人が使った中古品を転売輸出するのは結構おすすめです。

 

ebay輸出の注意点

ebayの出品数は制限されていることは有名ですが、さらに注意したいことは一度でも出品してしまうとそれがカウントされてしまうこと。

 

初月は10品・500USドルでどちらかが上限に達したら制限がかかってしまいますが、既に出品したものを削除してもそれもカウントされてしまいますので、出品する際は十分に注意する必要があるでしょう。

 

一度でも出品したら出品数にカウントされてしまう

 

 

メルカリ

野菜、ブランド物あるいは袋、ペットボトルの蓋が売れる傾向にあります。

 

 

ターゲット

若い女性

 

 

ヤフオク

売れるもの

コイン、パンフレット、紙袋・空箱がよく売れるようです。

 

仕入れるべきもの

中古家電、カメラ、おもちゃゲーム

 

これらはアマゾンで高く売りましょう。

 

 

メリット

送料が落札者負担。

 

 

ターゲット

中年男性。

なのでヤフオクで落札する際は、平日午前中だと安く落札することができます。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
仕事
はげまるをフォローする
女坊主一人旅ブログ
スポンサーリンク