イタリア・フィレンツェカフェ/レストラン情報 | 世界の宗教とスピリチュアル

イタリア・フィレンツェカフェ/レストラン情報

ヨーロッパ
sdr

イタリアといえば、あなたはなにを思い浮かべますか。

 

イタリア料理、サッカー、ファッションと、人によって連想するものは様々かと思います。

 

そのうちカフェもイタリアの魅力の一つ。

 

今回はイタリアのカフェ事情をまとめたいと思います。

 

 

オブラーテ図書館

恐らくノマド民だったら100%行くであろう、オブラーテ図書館

 

なんと火~土曜日は、夜24時まで空いているんです!

 

WIFI/電源もあり、外国人でも勝手に侵入し、パスポートの提示もなく使えます。

 

営業時間

月   14:00~19:00

火~土  9:00~24:00

日祝日  定休日

 

カフェメニュー

公共の施設なので、安いのかと思いきや、値段はそこそこ張ります。

 

 

dav

カフェは2階にあります。

 

トイレ

ここのトイレは無料だとか、有料だとかどちらの情報も存在していますが、恐らく1階は有料で2階は無料です。

 

というのも1階のトイレは恐らくチップ形式。

 

掃除の人が徴収する形式で、2階に行けば誰もいません。

 

仮に2階でチップを回収する人がいるのであれば、1階に行けば誰もいないかもしれません。

 

私は2階でお金を払わずここのトイレに行きました。

 

メルカド

中南米でも中心街に行くと必ずあるのが、メルカド

 

元々は市場(いちば)という意味のメルカド。

 

ただフィレンツェのメルカドは、完全に観光化されている印象を受けました。

 

行くとほぼ観光客らしい人しか見かけません。

 

 

マクドナルド

イタリアに来てまで、マクドナルド?と思うかもしれません。

 

しかし、日本のマクドナルドとイタリアのマクドナルドは、それぞれローカライズされており、異なります。

 

上の画像は、イタリアの朝マックで、カプチーノとパン合わせて1ユーロです。

 

日本のマクドナルドではありえない値段設定ですね。

 

マクドナルドでカプチーノを頼んだら、最低でも300円程度しますし、そもそもパンが売っていません。

 

同じチェーン店とはいえ、国によって仕様が異なるのは面白いですよね。

スポンサーリンク