コーヒーの代用品は?〜カフェインを取らずに〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

コーヒーの代用品は?〜カフェインを取らずに〜

コーヒー好きなら毎日のように摂取しているカフェイン

 

実は私たちが思っている以上に、私たちの体に害が多いのも事実。

 

今回は身近だけど危険なカフェインに関してまとめてみました。

 

カフェイン

カフェインを取れば取るほど、脳ではカフェインの受容体がつくりだされ、カフェインを多く摂取するほど休まらなくなる。

 

 

 

代わりの飲み物

ミントドリンク

とはいえ、目覚めの一杯にコーヒーが必須な人も多いハズ。

 

 

カフェイン断ち

カフェイン依存症の人がカフェイン断ちをすると。。。

1.頭痛
いつもコーヒーを飲んでいる時間に飲まないと、数時間後に頭が痛くなってきます。目の奥から頭の前のほうが痛くなるそうです。

2.眠い
カフェインをとると頭が冴えるのでその逆になります。

3.イライラする

4.やる気がまったく出ず、気分がどんよりする

5.便秘
カフェインは胃腸に刺激を与えるので、便秘になる人もいます。

6.うつうつとする
やる気が出ないだけでなく、ひじょうに悲観的になり、どうでもいいことが心配になります。

7.筋肉痛
筋トレや有酸素運動の前にカフェインを飲んで、より脂肪を燃焼させる方法があります。カフェインを摂取すると「リパーゼ」という体脂肪の分解酵素の働きがよくなるそうです。

コーヒーを飲むと、からだが元気モード、闘争モードになるわけですから、のんびりしているときよりはコーヒーを飲んだほうが、脂肪は燃えるはずです。

コーヒーダイエットなんてのもあるぐらいです。

このような運動効果を狙って、運動前に習慣的にコーヒーを飲んでいた人がやめると、筋肉痛が起きます。

8.集中できない

9.風邪をひいたような症状が出る
鼻づまりとか。

10.人によっては眠れません。

カフェインの代謝に個人差があるように、禁断症状にもかなりばらつきがありますが、一般に、頭痛、イライラ、どよんとした気分、なんだか不安、といった症状が出ます。

 

貧血を引き起こす

特に女性は生理があるので、生理中期間はただでさえ、貧血になりがちです。

 

そこでコーヒーないしカフェインを摂取してしまうと、せっかく摂取した鉄分を破壊することになってしまいます。

 

生理中期間はコーヒーを控える、あるいはデカフェコーヒー・カフェインレスコーヒーを飲むことをおすすめします。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク