生きる意味なんてない・物事に理由なんて必要ない | 世界の宗教とスピリチュアル

生きる意味なんてない・物事に理由なんて必要ない

生きる意味はなんだろうか。

 

その答えを求めてこの記事を開いてくれたのだと思う。

 

今回はそんな重い疑問にこたえたいと思う。

 

なぜ生きるか

結論から言ってしまうと、我々に生きている意味などない。

 

もっと細かくいうと、生きていることに意味を見出す必要はないということです。

 

 

生きる意味などない

もっといってしまえば、我々に生きている理由なんてないということ。

 

我々は人間だからいちいち生きる意味などを考えてしまうが、鳥ましてや雑菌・ウィルスといった細菌類は存在する意味なんかあるのだろうか。

 

 

 

ほとんどの事象に意味はない

人間はいろんなことに何かと理由や言い訳をしたがる。

 

ただ先に認識しておかなければいけないことは、ほとんどの事象に意味はないということ。

 

我々はただ存在し、死んでいく。

 

そんな無意味なことに意味を見出そうとしたから、宗教みたいな無意味なものが生まれたのだ。

 

たかが人生じゃないの

後付け

私も昔よく読んでいたのですが、自己啓発本なんかは結局のところ、後付けなのです。

 

成功者の真似をしたところで、あなたが成功する確率は限りなくゼロに近いでしょう。

 

実際のところ、成功者は後付けで成功した理由を考え、なぜ成功したのか本人は分かっていなかったりします。

 

たとえそれが時代のおかげだったとしても。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク