稼げない不人気過疎ライバーの特徴とチェックポイント | 世界の宗教とスピリチュアル

稼げない不人気過疎ライバーの特徴とチェックポイント

最近、人気のライブ配信。

コロナでますます注目を浴びています。

そんな中でも稼げないライバーは多いもの。

 

今回は稼げない・不人気ライバーの特徴をまとめてみました。

 

リスナーを否定しない

有名キャバ嬢の愛沢えみりさんも、お客さんを否定しないことを常に心がけているといいます。

 

仮にリスナーさんが自分と違う考えを持っていても、そういう考えもあるよね~といった具合に、受け流すようにしましょう。

 

決してリスナーさんを否定してはいけません!

 

リスナーさんを否定しない!

 

素の自分

稼げないと嘆く前に、自分はプロである自覚を持っているか、自問してほしい。

 

稼ぐということは、その道のプロであることを意味する。

 

ライバーの誘い文句としては、雑談するだけで高収入!といった歌い文句があったりするが、さすがにありのままの自分を晒して雑談して稼げるようになるとは思わない方がいいだろう。

 

やはり人にお金を払ってもらうようになるには、それ相応の覚悟と努力が必要なのだ。

 

まず人を楽しませる、という心がけはあなたにはあるだろうか。

 

プロなら耐えろ

 

稼げないライバーのチェックポイント

リスナーの悪口をいっている

本人がいないからといって、リスナーの悪口を他のリスナーさんに話していませんか?

 

配信に限らず口は災いの元

 

悪口をいったリスナーが、違うライバーさんの枠で本人に伝えてしまうかもしれません。

 

悪口は言って損することはありますが、得することはありません。

 

口は災いの元

 

感謝を述べているか

私の枠にはよく、他に推しライバーさんがいるリスナーさんが来るのですが、その中でも多く聞くのは、ライバーがありがとうを言わないというもの。

 

例えば0時になって、その日のランキングが発表された後、他のライバーさんに「今日はランクが維持できた!」といった報告をするのは甚だ勘違いですよ?(本当にこんなライバーがいたらしい。)

 

またはギフトをもらうのが当たり前となっていて、いうのがめんどくさくてありがとうすら言わなくなる人。

 

これじゃあリスナーさんが離れていくのも当然でしょう。

 

いうまでもないですが、ライバーは投げ銭をくれるリスナーで成り立っています

 

ギフトをもらって感謝しないのは言語道断。

 

自分が楽しめているか

ライブ配信は楽しいイメージが先行していますが、実際ライバーをやっていると楽しいことばかりではありません。

 

ただ、苦しいだけで配信をやり続けていると、自分がつらいだけなので、自分自身がライブ配信を楽しめているか、また自分がライブ配信を楽しめる方法を模索してみるといいかもしれません。

 

ライブ配信を苦しみながらやっていると、いずれリスナーさんにも伝わってしまいますので、まずは自分自身がライブ配信を楽しむことを忘れないでください。

ライバー自身が配信を楽しめているか

ライバーに向いていない人

ライバーは人によって、かなり稼げているようですが、それはほんの一握り人たち。

 

ほとんどのライバーは稼げずに消えていきます。

(私がそのうちの一人。)

 

やはりライバーは誰しもかれしも向いているわけではなく、やはり人としゃべることが苦でない人でないときついと思われます。

 

またやはりというか、容姿や年齢が若い女の子であれば、リスナーさんも付きやすいです。

 

もちろん誰でもやってみる価値はあると思いますが、やはり向き不向きはあると思われます。

 

辛くなったら休む

ライブ配信は辛いことも多いです。

 

しかし辛いにも関わらずやり続けてしまうと、本当に精神が病んできます

 

辛くなってきたら素直に休む、自分がまたやりたくなってきたら再開するぐらいじゃないと、ライブ配信は続かないでしょう。

 

したがってライブ配信者を本業にすることはおすすめできません

 

ライブ配信はあくまでも趣味の延長にとどめておくのがいいでしょう。

 

本業としてはやらない

リスナーは何を求めているのか

ライブ配信をやっていると、ただ疲れて迷走しだすかと思います。

 

そこで疑問に思うのが、リスナーは何をライバーに求めているのかということ。

 

もちろんリスナーに聞いてもそれは分かりません。

 

そこで私が出した答えは、リスナーは居場所を求めてやってきてるということ。

 

事務所によっては承認欲求を求めてるといったりもするようですが、最終的には安らぐ場所、居心地の良い場所を求めているのではないでしょうか。

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
配信
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク