最短で英語が話せるようになる勉強法 | 女坊主一人旅ブログ

最短で英語が話せるようになる勉強法

海外情報

私はTOEICで最高755のスコアを出しています。

*TOEICは点数ではありません。

 

海外でも人とコミュニケーションが取れるレベルに達したので、

それまでに至った経緯を共有をしたいと思います。

 

映画から会話表現を盗む

継続が容易になる

英会話集みたいな本を買ってもいいのですが、

やはり楽しい方が学習を続けられるため洋画を見ることをおすすめします。

 

もちろんただ見るだけでは向上しないので、

メモる、分からない単語・表現があれば調べるということを

徹底的にすれば会話力は自然と上がります。

 

また映画は1回だけでなく繰り返し見ることをおすすめします。

 

またTOEICや英語の教科書では、

綺麗な英語表現しか出てこないと思います。

 

 

活きた英語を学ぶことができる

しかし実際人と会った時は、

少しスラングのような表現も知っておく必要があります。

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

 

I got poo(うんこ)とかpee(おしっこ)とか、どこの国でも汚い表現はみんな大好きなので、覚えておいたほうがいいでしょう。

 

海外、主にヨーロッパの人は冗談(ユーモア?)が大好きなので、あまり固すぎる表現ばかりでは相手もつまらないかもしれません。

 

オンライン英会話

日本人は中学英語は習っているはずなので、

英語を知らない訳ではありません

 

ただ実践する場がないだけなのです。

 

日本人同士で英会話の練習をするのもいいですが、

やはりネイティブと会話するのが一番手っ取り早いです。

 

オンラインレッスンの「レアジョブ英会話」
今なら無料体験レッスンが2回体験できます

 

 

旅に出る

正確にいうと旅に出て色んな人と会話することでしょうか。

 

日本にいて日系企業に勤めていると、

英語を使う機会はほとんどないと思います。

 

旅に出れば、旅先で知り合った人と会話をして、

もっと英語で話したいことがあるのに話せないとなれば、

今後の英語学習のモチベーションの維持に繋がります。

 

 

簡単な単語での作文

英会話で最も大事なことは平易な単語の作文です。

 

おすすめな方法としては、

絵や難しい単語を自分が知っている単語で説明することです。

 

外国人の彼女・彼氏を作る

英会話向上に彼女を作ることに懐疑的な人は多いかと思います。

 

しかし実際彼氏・彼女を作るとメリットが多いような気がします。

 

やっぱり英語の勉強をしていると分からないところが出てきます。

 

それえ彼女・彼氏がネイティブだったりすると、

気軽に疑問点を聞くことができます。

 

もちろん、外国人の彼氏や彼女を作るのに、

ハードルを感じている人も多いかとは思いますが、

気になる人に対して、”英語を教えて欲しい”という口実の元、

近づくことができるかもしれません。

 

日本に来ている外国人は、

日本語が喋れるようになりたいと考えている人も多いので、

お互いの言語を教え合うのもいいと思います。

 

英語の勉強だからといって、紙とえんぴつを使った勉強にこだわらなくてもいいでしょう。

 

やらなくていいこと

文法の勉強

もちろん英語力向上のためには文法の勉強は必須です。

 

ただ今現在英語が話せない人が、

英語を話せるようなるにはどうすればいいか

ということだけに焦点を当てると文法の勉強は邪魔なのです。

 

私は本業が旅人なので海外では主に英語を使って、

人とコミュニケーションをとりますが、

ペラペラ英語を話す人に会っても、

話を聞いていると文法が崩壊していることも多いです。

 

しかしこちらが聞きたいことが聞けているので、問題がある様に感じません。

 

また文法を勉強することによって話すことが億劫になることが最も避けたいことです。

 

話すためには文法の勉強からは一旦離れる

 

アメリカ人でも文法がおかしい

アメリカは義務教育ではないので、アメリカ人でもちゃんと英語が話せない人も多いです。

 

例えばbe動詞を全てain’tといったりします。

 

また、アメリカのラッパーのエミネムの曲を聞いていても、ちゃんとした英語はしゃべっていません。

 

 

難解な英単語や特殊な表現の習得

英語が母国語の人と話す際は問題ないのですが、

世界の大半は英語非ネイティブとなります。

 

英語非ネイティブの人に対して難解な英単語を使用しても通じません。

 

なので仮に難解な英単語を覚えていたとしても、

結局その単語を説明しなければいけなくなります。

 

大事なのは難解な英単語を覚えるよりも、

簡単な英単語で説明できるようになることだと思います。

 

例えば非ネイティブの人に以下の表現は通じないかもしれません。

 

  1. Have you ever been there?(そこに行ったことがある?)
  2. How much did you study?(どれくらい勉強した?)

 

上記は以下のように置き換えた方が非ネイティブには通じます

 

  1. Did you go there?(そこに行きましたか?)
  2. how many hours did you study?(何時間勉強しましたか?)

 

1.に関して、確かに日本人としては

Have you ever beenぐらいは使っていきたいところではありますが、

 

通じない相手に言ってもしょうがないので、

使うのは英語ネイティブを相手とする時だけにしましょう。

 

また2に関してですがhow muchは本来どれくらい?という意味で

値段の意味だけでなく本来はもっと幅広く使える表現になります。

 

ただそのまま非ネイティブに使ってもキョトンとされてしまうので、

how many hoursに置き換えて質問するようにしましょう。

 

どうやらhow much=いくら?と叩き込まれているのは万国共通のようです。

 

TOEICの勉強

TOEICの勉強で特にリスニングでしたら、英会話力の向上に繋がると思います。

 

ただ忘れてはいけないのが、

そもそもなぜTOEICの勉強をしているかについてです。

 

なのでTOEICの点数に必要以上に固執するのは辞めましょう。

 

翻訳

翻訳者になりたいのであれば別ですが、

日本語から英語にいちいち翻訳する必要はありません

 

会話で大切なのは瞬発力です。

 

会話をする度に、日本語訳していたら会話が終わってしまいます

 

映画などで使えそうな会話は、丸暗記して実践に備えましょう

 

補足

ここでいいたいのは、文法が大事でないということではありません。

 

前提として、最低限中学英語ができるレベルで話しています。

 

さすがに中学英語が怪しいというなら、文法は勉強する必要はあります

 

補足2

アメリカは、義務教育が存在しませんので、

英語を正しく話せないネイティブがたくさんいます。

 

有名人でいうと、ラッパーのエミネムが挙げられます。

 

歌詞を見れば、一目瞭然、文法が崩壊しています。

 

なので、英語ネイティブ自体も、文法がめちゃくちゃな英語を、ある程度、

聴き慣れていると言っても、過言ではありません。

 

 

コメント

スポンサーリンク