我々は働かなくてはいけないのか | 世界の宗教とスピリチュアル

我々は働かなくてはいけないのか

まじめな人なら今まで疑問に思わずに働き続けてきたでしょう。

 

しかし私たちは本当に働かなくてはいけないのでしょうか。

アダムとイブ

キリスト教徒の話になって恐縮だが、やはり有名な話なので触れておきたい。

 

アダムとイブは神に禁止されていたりんごを食べてしまい、その代償として労働を背負う。

 

それを発端として我々は労働しなければならないとされてきた。

 

結論:働く必要がないなら働かなくていい

当然の結論となって申し訳ないのだが、やはり働く必要がないのであれば働かなくていい。

 

そこにもやはり絶対的な正解は存在しない

 

個々人が思う答えがあなたにとっての正解なのだから。

 

 

ホームレスになれるか

働きたくない、と考えたときに究極、あなたはホームレスになれるかどうかでしょう。

 

生活のため?

まず我々はなんのために働くのか、と問われれば、多くの人は生活のためと答えるだろう。

 

確かに我々は毎日家で暮らし、ご飯を食べなければ生きていけない。

 

労働とは?

そもそも労働とはなんなのでしょう。

 

多くの人は他人がやりたがらないことの代償と考える。

 

しかしそうではない仕事に就いている人も少なからずいる。

 

AIはなんのため?

最近、何かと話題になりがちなAI。

 

 

 

ただそもそも

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク