20代30代ジョブホッパーがおすすめする仕事と職業 | 世界の宗教とスピリチュアル

20代30代ジョブホッパーがおすすめする仕事と職業

転職回数が多い人をジョブホッパーと呼びます。

何が悪い?

ジョブホッパーは企業目線で見ると、厄介であるほかありません。

 

なぜなら人一人を採用するのに、それなりにお金がかかっているからです。

 

求人広告、書類選考、面接コスト。

 

これだけお金をかけてやっと採用したと思ったら、はい辞めます??

 

ふざけんな!

 

これが企業の本音かと思います。

 

ただ労働者は法律で守られていますので、労働者は会社を辞めても法律には違反しません。

 

優秀?

正直ジョブホッパーで優秀な人は少ないのではないかと思われます。

 

なぜなら本当に優秀な人は、転職をしたくなくても、ヘッドハンティングされるからです。

 

ただ我々は会社のための人生を生きているわけではないので、転職する・しないはあなた自身が決めていいことでしょう。

 

 

末路

いろんな会社を経験する度、自分が妥協しなければいけない部分が見えてきます。

 

そして転職は思いのほか、体力を消耗します。

 

体力が衰えてきたころ、おそらくジョブホッパーは落ち着くのでしょう。

 

ジョブホッパーが向いている仕事・職業

エンジニア

やはり今の時代、重宝されるのがエンジニア。

 

私自身も正社員ながらも客先に派遣されるエンジニアをやっていました。

 

いろんな職場やプロジェクトを経験でき、人間関係もプロジェクトごとに変わるので、人間関係が苦手な人にもおすすめです。

 

外資

外資は即戦力が求められ、かつ高給な会社が多いです。

 

一方でリストラが当たり前のように行われる、ハイリスクハイリターンな雇用形態です。

 

ただその分、ジョブホッパーにとっては馴染みやすい環境かもしれません。

 

派遣

ジョブホッパーである認識があるのであれば、派遣社員になることをおすすめします。

 

派遣社員はネガティブなイメージが先行していますが、いろんな職場を経験できて、職場が変わるごとに研修や新人歓迎会といったことも参加義務はありませんので、ジョブホッパーには向いている雇用形態でしょう。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク