働きたくないのは当たり前?でもお金が欲しい人向け | 女坊主一人旅ブログ

働きたくないのは当たり前?でもお金が欲しい人向け

我々はなぜ働かなければいけないのか。

 

この疑問に対する答えを本記事にまとめてみました。

 

働かなくていい

実は我々は国民の義務として、労働の義務が課せられていることが憲法にて記載されています。

 

と同時に最低限度の生活を営むことも保証され、実際に日本では生活保護制度があります。

 

ということはいきなり矛盾しているようですが、もしかして私たちは働かなくてもいいのではないでしょうか。

 

お金を稼ぐため?

我々はお金を稼ぐために働かなくてはいけないのか。

 

多くの人は否定しないだろう。

 

しかしお金を稼いでどうするのだろう。

 

生活のため?

確かにお金があれば食べ物も買えるし、家も買える。

 

ただ本当にお金がないと生活できないだろうか。

 

究極、家もなくても南の島では生き永らえるし、バナナや魚を取って生活できるかもしれない。

 

実はお金がないと生活できないというのは単なる思い込みなのかもしれない。

 

働かないと責められるのはなぜか

働けニート!という有名なフレーズがありますが、労働=嫌なものであることが当然とされているんですよね。

 

今のところ嫌な仕事をしている人が大多数なので、こういう発言が生まれてくるんだと思います。

 

これからは嫌なものは人間ではなく機械に代用されてくるでしょう。

 

友達でも親でも行政でも頼れるものは頼って、自分の好きなことで生きていきませんか。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
女坊主一人旅ブログ
スポンサーリンク