元妻が紀州のファンドンを本当に殺したのか?~和歌山カレー事件の二の舞~ | 世界の宗教とスピリチュアル

元妻が紀州のファンドンを本当に殺したのか?~和歌山カレー事件の二の舞~

誰しもかれしも疑いの余地なく、元妻がファンドンを殺したと決めつけている。

 

しかし本当に彼女が殺したのだろうか。

 

元妻が逮捕に至った経緯

3年前から元妻が紀州のドンファンを殺害したのではないかという疑惑はあった。

 

ただ確証はないとして、今まで逮捕までは至らなかった。

 

今回逮捕に至った経緯は、まず自殺の線は消えたとし、次に元妻が薬物に関して検索し、実際に売人に会ったとされている。また海外に元妻が高跳びするというウワサが入ったので逮捕したとのことだ。

 

これを聞いてほとんどの人は疑問に思わなかったのだろうか。

 

こんなんで人を逮捕していいのかと。

 

 

和歌山カレー事件

今回は和歌山県で起きた事件であったが、和歌山で思い出さなくてはいけないのが、和歌山カレー事件

 

既に林真澄の死刑が確定しているが、証拠なし自供なし動機なしという、こんなんで死刑が確定していいのかというくらい、根拠に乏しい。

 

確かに林家は保険金詐欺にて金銭を受け取っており、普段の素行の悪さも目立っていたようだ。

 

そして近所の人たちが口を揃えて、あの人(=林真澄)しかいないと言ったようだ。

 

今回のドンファン殺害と和歌山カレー事件と何か通ずるものがある。

 

そう雰囲気逮捕感が否めないのだ。

 

何を隠そう、和歌山カレー事件と同じ和歌山県警の管轄であることも忘れてはならない。

 

まだ容疑者なのにプライバシーはないのか

そもそもまだ容疑者なのにこんなに顔や名前がされされているのは問題ないのだろうか。

 

和歌山カレー事件は、林真澄氏の子供までもがいじめに遭い、子供は加担していないと思われるが、これはマスコミの報道によるものではないだろうか。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク