躁鬱病(双極性障害)躁うつ病まとめ | 世界の宗教とスピリチュアル

躁鬱病(双極性障害)躁うつ病まとめ

最近では一般的にも知名度が上がってきた躁うつ病。

躁うつ病の有名人

躁うつ病であることに自覚がない人も多いです。

ここでは躁うつ病の疑いのある有名人を上げてみました。

華原朋美

やはり一番有名どころだと、華原朋美が挙げられるでしょう。

 

中村うさぎ

中村うさぎの著書の中で、シャネルを買いあさってしまうといった記述がありますが、これは典型的な躁状態です。

ただ彼女の場合、ライターとしての才能を開花させたのも、躁鬱病でありがちなパターンといえるでしょう。

 

佐藤江梨子

アポなしで仕事の取引先に行ってしまうといったことをさも自慢げに雑誌の取材で答えていましたが、躁うつにありがちな問題行動です。

また気性が荒いことでも有名で、二度と一緒に仕事をしたくないという人もいるようです。

 

前田敦子

元AKBセンターの前田敦子。

最近離婚を発表されましたが、そこでは前田敦子の気性の粗さが取り上げられていました。

 

躁鬱の症状

躁うつ病または双極性障害とは、躁状態と鬱状態を繰り返す病気です。

 

Ⅰ型のそう状態の場合は、奇行などが見られます。

 

Ⅱ型の場合は、奇行などが見られないため、うつ病とよく勘違いされてしまいます。

しかしうつ病の薬を服用すると躁転してしまい、夜中に起き上がり掃除をかけるといった奇行に走ってしまいます。

 

躁状態に行ったことが原因でうつ状態になることもあり、自分で自分を貶めていることもあるようです。

 

 

双極性障害なりやすい性格

やはり敏感な人がなりやすいでしょう。

 

いわゆるHSPです。

 

また双極性障害の場合、HSS型HSPである可能性があります。

 

 

双極性障害の接し方

そう状態のときは落ち着くよう促し、うつ状態のときはまずは精神科の病院に行き、そっとしておくのがいいでしょう。

 

 

双極性障害の再発のサイン

双極性障害にありがちなのが、治ったと思って薬を飲まなくなることでしょう。

そして躁状態に陥る。

 

それで異常あるいは無謀ともいえる行動をし、続かず一気にうつ状態に陥る。

 

躁うつ病は残念ながら、元気になった!と思った時が一番気をつけなければいけないかもしれません。

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
雑談
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク