GAFAとは?株今が売り時 | 世界の宗教とスピリチュアル

GAFAとは?株今が売り時

お金

GAFA株の購入を検討されている方、今は売り時です。

初心者必読!アマゾン セラーセントラル登録時は注意!〜やり方と注意点2020〜

 

GAFAとは

そもそもGAFAをきちんと言えますか。

下記がGAFAと言われる企業になります。

 

G……Google
A……Apple
F……Facebook
A……Amazon

 

それぞれの展望を個人的にまとめましたので、ご査収ください。

 

読み方

そのまま英語読みで、ガーファと読みます。

 

 

問題

個人情報の独占

もう覚えていないかもしれないが、グーグルやフェイスブックを利用する際に、必ず私達の個人情報を登録している。

 

そして、我々がネットサーフィンをしている間に、どういった人がどういうウェブサイトを閲覧するのかといったデータをコツコツと収集しているのが、GAFAという企業。

 

脱税

アマゾンは2018年の課税対象の純利益は112億ドルだが、トランプ減税により、1億2900万ドルもの還付金を連邦政府から受け取った。

 

2018年、アマゾンは税金を払わず、政府からお金をもらっていたらしい。

こんなバカなこと、あります?

 

からくり:ストックオプション

からくりは意外と単純だ。

 

社員に報酬として給与を与えるのではなく、自社株(*ストックオプション)を与えるのだ。

 

もちろん、報酬を自社株として与えられた場合でも、基本的には課税される。

しかし、自社や子会社の取締役や従業員などは免除されるのだ。

 

そうすれば社員も所得税として、手取りが減ることがなくなる。

 

これはGAFAに限らず、ソフトバンクグループもやっている手法。

 

 

注意!自社株がストックオプションということではありません。

ストックオプション・・・会社や従業員などに対して、将来においてあらかじめ決められた金額(権利行使価額といいます)で、決められた株式数まで、株式を取得する権利を付与する制度

 

 

まさにGAFAがやっていることは、脱法ドラッグのようなものだ。

 

マイクロソフト

アップルがGAFAに入っているのになぜマイクロソフトは入っていないのでしょうか。

 

アップルの最近の事業は、apple musicやアップルペイといったソフトウェア分野ものに変わりつつあります。

 

一方のマイクロソフトは、スカイプやGithubを買収しているはものの、一般の人が頻繁に使うものではないため、出遅れ感が否めません。

 

これからの展望

Google

Googleは説明不要とは思いますが、検索エンジン市場をほぼ独占している状態です。

 

類似しているサービスはYahooなどが挙げられますが、Googleに追いつくのは難しいのが現状です。

 

今後もしばらく独占的立ち位置は変わらないと思われるでしょう。

 

アドセンス審査などに関してのまとめ

 

Apple

こちらも説明不要だとは思いますが、主に革新的なスマホデバイスを一般に広めた会社となります。

 

ソフトウェア部門で活躍を期待したいところですが、カリスマ経営者の死後、事前に新商品の情報が漏れるなどして、今後の成長はあまり期待できないと私は予想しております。

 

とは言え、デバイスの品質・デザインは他商品と一線を画するため、一部のファンからまだ需要があると言えるでしょう。

 

よくある大企業の一つとして成り下がるのではないでしょうか。

 

Apple信者、そろそろアップルを卒業しようと思います。

 

Facebook

まさに今回管理人が売った株となります。

 

ちょうど個人情報漏洩問題で株が下がった時に買いました。

 

買った後も下がり続け、しばらく含み損による忍耐勝負となりましたが、今回の好決算によりプラスに転じました。

 

 

ただCEOマークザッカーバーグの個人情報の取り扱い、およびフェイクニュースの扱いが軽視していることは世界中でも看過できない状況となっています。

 

Amazon

管理人がGAFAの中でもっとも注目する会社となります。

 

私は今Amazonを狙っています。

 

研究費も惜しまず、徹底的な人件費削減に取り組んでいます。

 

人件費削減の観点で見ると、Amazonが世の中の為になっているのかは疑問が残るところではありますが、企業の成長という点に焦点当てれば今後も成長だと考えています。

 

 

いつが買い時?

大暴落時です。

 

もちろん大暴落時以外にも買いのチャンスはありますが、常にマーケットを張り付くわけには行かない為、大暴落時まで待つのが先決と言えるでしょう。

 

株の買い時はそう多くありません。

 

まずは海外投資ができる証券会社を用意する必要がありそうです。

 

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

 

株式投資初心者でも、大暴落時に買えばリスクは下がります。

 

しかし当たり前ですが、大暴落時でもその後にすぐ潰れる会社を買っても意味がありません。

 

今は株を勉強して自分が買うべき会社を選定する必要があります。

 

スポンサーリンク