記事の文字数に関して | 世界の宗教とスピリチュアル

記事の文字数に関して

字数に関しては1000字以上とか、2000字とか色々言われていますが、

果たしてどの程度あればいいのでしょうか。

 

500字でOK

アドセンス審査に関してですが、なんと200字でも受かったとの記事を見かけました。

 

また500字だとか800字とかの人もいて、1000字未満でも問題ないようです。

 

アドセンス審査落ちた?通過するやり方『2019年2月合格』

 

字数が多ければいい訳ではない

字数が多ければいいと考えている人が多いようで、無駄な文章が多い記事が目立ちます

 

明らかにある記事タイトルで、

前提条件を説明しなくてもいいような記事もあります。

 

例えば、”アドセンス審査で合格しました!”という記事タイトルで、

普通その記事読む人ってアドセンス受からない人、

もしくは受けようと思っている人ですよね

 

それなのに”アドセンスとは?”とか、

アドセンス申請方法を同じ記事内で説明する必要はないでしょう。

 

仮に説明したいなら記事を分けるべきです。

 

記事タイトルと齟齬があれば、ユーザー離脱につながります。

ユーザー・サイト運営者共に利益がないと思います。

 

色のつけすぎは読みづらい

これは人によって意見が別れるところではありますが、最近は色をごちゃごちゃ使いすぎて、逆にユーザビリティが悪くなっているような気がします

 

サイト運営者としては、最近の文字離れを危惧してか、ユーザーを飽きさせないように、文字の色や大きさを変えたりして賑やかにしてるつもりなのでしょうが、普段から読書する習慣がある者からしたら、すごくうるさく感じます。

 

基本的に大事なところは文字を太くしたり、赤文字にしたりするぐらいでいいと思います。

 

最近では本でも大事なところは勝手に太文字になっていたりするのですが、自分が大事だと思えないところを太字にされても正直うるさく感じてしまいます。

 

まとめ:やりすぎはよくないと思う

まあこの記事は単なる私のグチなのですが、なんか皆さんの行動が極端な気がします。

 

少し問いかけたいのですが、単なる自己満足になっていませんかということ。

 

ユーザーにとって分かりやすくしてるつもりでやり始めたことが、いつの間にかやりすぎていませんか。

 

大事なことはそう多くありません。

 

もう一度ユーザー目線に立って、自分の大事なところ、言いたいことをまとめて欲しいと思います。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
ブログ
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク