【欲しい株リスト】〜そろそろ大恐慌がやってくる!?〜次買う銘柄の準備はOK?〜Are you ready?〜

スポンサーリンク
お金

最近はニュージーランド・オーストラリアも長期金利の利率も下げてきて、

いよいよ大恐慌の予兆が来てるかもしれませんね。

 

ドル円も三角保ちあいの状態にあります。

 

三角保ちあいは、急激な価格の変化が見込まれる有名なシグナルです。

 

ただ急騰の可能性もなきにしもあらずです。

 

日本株

YAMAHA

YAMAHAって本当に謎な企業なんですよね。

 

バイクも売ってるし、楽器もやってるし、ボートのエンジンもやっていて、そしてネットワーク機器とかも売ってるんですよね

プログラマになりたい人向けのおすすめのサービス

 

ネットワーク機器・・・スイッチ・ルータといった、インターネットのインフラ機器

 

バイクも楽器もやってるから、アジア行ってもヨーロッパ行っても、外国人でもYAMAHAという名前はよく知ってるし、結構手堅い企業だと思うんですよね。

 

また話題に大して挙がらないから、安定的な意味合いでも結構狙い目なのかなと思います。

 

管理人プロフィール

 

チャート

画像はSBI証券から引用したもの

ヤマハのチャートを見ると、きれいな右肩上がりのグラフ

 

これは優良株である一つの指針です。

 

TOTO

外国のトイレに行く度にいつも、TOTOさん頑張って!と思います。

 

なぜなら日本のトイレと比べ、外国のトイレは著しくレベルが低いからです。

 

 

トイレに関しては、上記の記事にまとめていますので、ご確認ください。

 

米国株

フェイスブック

以前私が保有していた銘柄になるのですが、今後はあまり期待できないでしょう。

 

世界人口は増えていますので、今後は需要も増えていく可能性もありますが、CEOのマーク・ザッカーバーグの個人情報管理の認識の低さから、今後企業として伸び悩むのではないでしょうか。

SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

 

と思っていたのですが、どうやら最近フェイスブックスがコインを発表して、それが利権者の逆鱗に触れ、個人漏洩等の問題でフェイスブックだけ集中攻撃を受けていたようです。

 

そのことは下記の記事でまとめています。

“Dr.苫米地 “銀行は不要に?”Facebook発行 Libraの衝撃”要約

 

 

アマゾン

言わずもがなアメリカの巨大企業のアマゾンですが、これからも伸びしろがあると考えています。

 

エンジニア視点で見ても、AWSというサービスも展開していますし、私も実際にAWSを使っている現場にいました。

 

AWS・・・アマゾンが提供するクラウドサービス。開発環境も提供している

 

また消費者視点でも、本の電子版はアマゾンということが一般的に定着している面でも、これからも需要があるのではないかと考えています。

 

テスラ

CEOのイーロンマスクが、アメリカの利権者にあまりすり寄っていないので、

評価が割れるところではあります。

 

CEOのイーロンマスクは、かつてPayPalの事業を手がけ、現在は電気自動車事業・宇宙開発も手がけていることで有名です。

 

また大衆にも電気自動車を買ってもらいたいという思いから、

自動車販売もネットのみに切り替えるなどして、話題にも事欠くことはありません。

 

利益云々抜きにしても、ぜひ応援したい会社になります。

 

ただ常に人気株となるため、買うタイミングがなかなか難しいですね。

 

 

シスコ

ネットワーク機器でほぼ独占的なシェアを誇る企業となります。

 

ネットワーク機器業界2位はJuniperという会社になりますが、圧倒的な差で他社の追随を許しません。

 

参考

 

ただネットワーク機器はHuawei(ファーウェイ)も取り扱っていますので、シスコのような会社を守るため、アメリカのHuawei排除は今後も続きそうです。

 

ファーウェイは危険?問題点をわかりやすく簡単にまとめてみた
huaweiの機器にチップが埋め込まれている、CFOが逮捕されるといった騒動があったことは記憶に新しいでしょう。 私たちはどこまでhuaweiを信用していいものなのか、個人的な見解をまとめましたので、よかったらご参考にしていた...

 

トランプ政権が続けば、”世界基軸通貨ドル”がぶっ壊れる?

 

東南アジア株

個人的には、今更感があるのですが、やはり成長株という面では一般的に言われているように、注目すべき地域の株ではあります。

 

基本的にどの株を買っても伸びるのではないかと考えています。

 

しかし、東南アジアは全般的に、独裁政治国家が多いために、政治は安定しておらず、急激な通貨安・通貨高に見舞われることもあるでしょう。

 

アジアまとめ

 

 

中国株

唯一アメリカに対抗できる国家となりますでしょうか。

 

しかしアメリカのHuawei排除運動は徹底していて、アメリカだけでなくヨーロッパおよび、カナダ・オセアニア地域などの国まで及び、アメリカに対抗するのはなかなか難しそうです。

 

石油はドルでしか買えず、核を持てない国はアメリカに従うしかないのです。

 

また、アフリカに行った時にも、中国企業の積極的な投資を見かけましたので、中国株は持っていても、面白いのかなーと思います。

 

Huaweiあたりは買っても面白そうですよね。

 

 

あまり期待していない企業

日本企業

日本企業全般、将来的に結構苦しいのではないでしょうか。

 

実際日系企業で働きましたが年功序列にこだわりすぎて、業務がスムーズに行われていない現場を目の当たりにしました。

 

若手でも優秀な人を上長にしてほしいものです。

 

個人的には全く期待していません。

 

米国企業

アップル

アップルはまず、これから下降気味になると踏んでいます。

 

これまでアップルは、スティーブ・ジョブズというカリスマがいたので、革新的な製品を世に提供し続けていました。

 

しかし今のアップル製品をみても、特に革新的な製品は発売されていませんので、これからは株価も下降気味になるのではないでしょうか。

 

Apple信者、そろそろアップルを卒業しようと思います。

 

買い時

次買うときは、いわゆる大恐慌が来た時に買おうと思っています。

 

セリングクライマックスで世界が終わりそうな時に買います。

 

セリングクライマックス・・・株価が暴落する最後
まあ、そんな都合よくいかないかもしれませんが、やってみます。

どうでもいい話

私、IT関連企業にいたんですが、その際に出くわした会社の中で、いいと思った会社を母親に言ったりしてました。

 

母親はその都度、私がおすすめする会社の株を買ってたんで、結構儲けたみたいなんですよね。。(私は買ってなかったorz)

 

まあ、実際自分がやるとうまくいかないかもしれませんが、やってみます。

 

ちなみに親戚に先物取引で、7千万円溶かした人がいますので、十分に気をつけたいと思います。

 

先物取引で、7千万円損失して失敗した人の話
既に亡くなっている方の話なので、本当はするべきではないのですが、一応。 先物取引とは? 先物取引とは、 将来の予め定められた期日に 特定の商品(原資産)を 現時点で取り決めた価格...

 

先物・・・未来の売買についてある価格での取引を保証するもの
先物はよく分かんないし、人間よく分からないものには手を出してはいけませんね。。。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金投資
mayuowwwをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク