会社でヘッドハンティングされる人材とは?〜実例をご紹介します〜 | 世界の宗教とスピリチュアル

会社でヘッドハンティングされる人材とは?〜実例をご紹介します〜

ヘッドハンティングされるなんて憧れますよね。。。

実際私の知り合いでヘッドハンティングされた人がいたので、ご紹介します。

 

HSBCで働いていた

その人はインド人でマレーシアのHSBC銀行でエンジニアとして働いていました。

ある日突然知らない電話番号から電話がかかってきたそうです。

 

日本で働きませんか?

 

その会社は日本では本社が二子玉川にある大手企業なのですが、本人は当時その会社を知りませんでした。

しかし日本に興味があったため、その場で一つ返事で承諾します。

 

香港HSBC口座開設に必要な持ち物〜失敗談〜

 

またこの会社は外国人を積極的に採用しており、他にも日本にいる外国人でここの会社に勤める人は多くいました。

 

いきなり電話が来るらしい

他にヘッドハンターによって引き抜かれた人も、いきなり知らない番号から電話がかかってくるんだそうです。

 

知らない番号だと思わず無視しちゃいそうですね。

 

誰も無職の奴にヘッドハンティングしねーよ

ひどい。(でも確かに)

 

無職はどうやって生活しているのか?〜無職の生き方〜

管理人プロフィール

 

ヘッドハンティングされる人材になるには?

ヘッドハンティングされる人材になるには、やはり今いる会社で実績を作る他ありません。

 

また知らない番号からかかってきても電話に出る必要があるということでしょうか。

 

 

ヘッドハンティングまとめ

個人的に何もヘッドハンティングされる必要はないと思っています。

 

自分が他にやりたい仕事があれば単に転職すればいい話ですし、実際ヘッドハンティングされるにはかなりの実績がないと難しいと思われます。

こっちも読んで!
スポンサーリンク
仕事
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク