金(きん)まとめ〜投資するなら金・銀・プラチナのうちどれがいい?〜 | 女坊主一人旅ブログ

金(きん)まとめ〜投資するなら金・銀・プラチナのうちどれがいい?〜

皆さんが知っているようで、知らない金(きん)。 今回はそんな金について、深掘りしていきます。

薬用

金は装飾品・投資商品として使われることは誰しも知っていることでありますが、 薬用として、もともと使われていたらしいです。 意外ですね。  

 

 

工業製品としての金(きん)

近年では、廃棄された工業用品(主に携帯電話スマートフォンなどの電子基板)を溶解して、金やリチウムなどの貴金属や希少金属(レアメタル)を抽出する事業(いわゆる都市鉱山)も展開されている。(ウィキペディア参照)

金(きん)は工業製品だけでなく、化学、生物学・医学といった分野まで幅広く使用されている。 宇宙服や人工衛星の素材や材料に使われているため、今後も工業製品のきんの使用が期待される。

 

 

ピンクゴールドとは

最近ピンクゴールドのアクセサリーをよく見かけます。

ゴールドや銀色のアクセサリーはつけている人も多いですが、 ピンクゴールドはつけている人もさほど多くはなく、珍しい感じもします。

  ピンクゴールドは色合いが女性らしさを演出できる為、 他の人と差別化したいという方にはおすすめな素材となります。  

そんなピンクゴールドはそもそもなんなのでしょうか。

一般的なアクセサリーに使われている18金ピンクゴールドは、純金75%に加えて、銅と銀が配合されています https://www.trecenti.com/special/column/?p=1063

銅と銀が混ざっているようですね。

この色はどうやら銅の色のようですね。

 

 

投資用としての金(きん)

投資用としては、金(きん)は長期で持っておく必要があるといえます。 下のグラフからは、1975年以来、金(きん)の値段は、平均すると右肩上がりとなっています。 参考:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/commodity/lineup/gold/long_chart.html 変動が激しいともいえますが、工業品・装飾品として需要が幅広くありますので、比較的安全な投資商品だといえます。  

 

注意点

金はまず、利子がつかないことが特徴としてまず挙げられます。

 

また、業者がすすめてくるときには買ってはいけません。

 

なぜなら業者がすすめているときは、金の価格が高くなっており、そのときに売れば、業者が儲かるからです。

 

メリット

世界恐慌などにより、預金封鎖されたときでも、現物としてもっておけば、金を貨幣代わりに使うことができるでしょう。

スポンサーリンク