超絶初心者に贈る仮想通貨の基本中の基礎とおすすめの取引所

お金

仮想通貨ブームはひと段落したのですが、今後の動向はどうなんでしょうか。

 

仮想通貨とは

仮想通貨(かそうつうか、英語virtual currency)は、一般的にはネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通しているが法定通貨(法貨)との比較において強制通用力をもたないまたは特定の国家による裏付けのないものをいう

引用:wikipedia

定義は色々あると思うのですが、wikipedia的には、強制通用力を持たないものをいうそうです。

これは私も知りませんでした。

確かに、今の仮想通貨は、国家の裏付けがないものですが、仮想通貨=強制通用力がないものとするのは、ちょっと違う様な気がします。

一言でいうと、ゲームで使う時のコインがそのまま投資商品になったといった感じ

 

2017年、なぜ急騰・急落したのか

2017年は仮想通貨元年といわれていました。

当時は急騰の末、今後も通貨が値上がりするといわれていました。

しかし実際は、急落したまま現在に至ります。

 

なぜ仮想通貨は、急騰し急落したのか。

これは苫米地英人博士が、中国の富豪のマネーロンダリング先として選ばれていたから、と説いています。

天才・苫米地英人博士まとめ

一旦、ビットコインでマネーロンダリングした後に、資金隠し先としてバレてしまったから、またビットコインから現金に戻したとのことです。

 

今後は?

仮想通貨は一応、通貨として将来的に使われることを目的としていますが、現段階では、あくまでも投資商品の域をでません。

実際にコインとして使われることは、まだ現実的ではない様です。

 

リップル

管理人は、リップルを保有しています。

ちなみにリップルが50円の時に買って、現在は30円ほどになっています。

つまりかなり大損している計算になります。

 

リップルとは?

リップルは元々、国際送金を目的として、造られた通貨となります。

リップルは特に日本人に人気の通貨の様です。

人気の理由は、大手金融グループの出資を受けているためとなります。

具体的には、アメリカンエクスプレス、UFJグループ、SBIグループなどが挙げられます。

 

ブロックチェーンとは?

リップルは、他の仮想通貨が採用している、ブロックチェーンを使っていません

しかしブロックチェーンとは一体なんなんでしょうか。

どうやら分散してユーザー同士が管理し合うシステムのようです。

これが、一般に分散型取引台帳と呼ばれるもののようです。

参考サイト:https://ferret-plus.com/7706

 

リップルは代表者が決定

それではブロックチェーンを利用していない場合、リップルの管理状況はどうなっているのでしょうか。

リップルでは Validator(代表者)による、承認制度を利用しているようです。

参考サイト:https://moblock.jp/articles/17343

 

GMOコイン

仮想通貨といえば、GMOコインの広告を目にする人も多いと思います。

管理人も使っていたのですが、はっきりいっておすすめできません

確かに手数料等は無料とはなります。

しかしスプレッド(=売り買いの差額)は広く、出金の反映も遅く、ログインや出金確認などで、電話番号が必要になります。

正直言って、電話番号確認は面倒です。

特に私はバックパッカーとなり、常に日本にいる訳ではないので、これは非常に厄介なのです。

また出金も、国内送金にも関わらず時間がかかっています。

(というか、送金手段がリップルの本来の役割だよね?)

 

XM

私がおすすめするのは、XMという海外業者です。

XMはサポートも充実しており、トレードがスムーズです。

管理人はFXでもおすすめしているので、ぜひチェックしてみてください。

FX初心者おすすめ業者はXM

 

トークンとは

元々は、英語のtokeで、しるし」「象徴」、「記念品」「証拠品」の意。

硬貨の代わりに用いられる、代用通貨のこと。

分かりやすいとことだと、海外の電車に乗るときに、切符の代わりにコインのような物を買わされることがある。

あれがトークンの始まりの様です。

というと、ゲーセンでゲームをする際、コインを買わされることがありますが、あれがトークンということの様です。

仮想通貨との違いは、既存のブロックチェーンを利用して発行されるものの様です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
お金
はげまるをフォローする
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク