今ヨーロッパで起きていること2020 | 女坊主一人旅ブログ

今ヨーロッパで起きていること2020

ヨーロッパに住みたい!とドイツ人に言ったら、ある動画が送られてきました

ドイツ

デモといったらよくフランス、しかもなぜかパリばかりが取り上げられますが、

同じヨーロッパのドイツでも移民排斥運動は活発なようです。

Tommy Robinson: Germany Fights Back!

動画によると、最近ドイツの首都ベルリンでアフガニスタンの難民によって、

あるドイツ人女性が殺された事件が発生したとのことです。

こうった事件はドイツを始めとする難民を受け入れているヨーロッパの国では、

決して珍しくありません

被害女性の旦那であっても、事件について言及すると、会社をクビにされるという。

動画でもある通り、ジャーナリストでも誰も本音を語ろうとしない。

皆、左翼などによる攻撃が怖いから、誰も何も言えないとのことです。

治安

ドイツに関して、ひと昔まで治安面では問題なかったようですが、今は以前に比べ治安は悪くなったそうです。

知り合いのドイツ人も、ヨーロッパは危ないとして、日本にやって来ました

実際にそのドイツ人が日本にきたら、そのドイツ人と同様にヨーロッパは危ないとして逃げてきたフランス人に会ったそうです。

【ハロートーク】hello talk 怖い?外国人と実際に会ってみたのと付き合った話〜恋愛に発展した〜
hello talk っていうアプリがあるんですけど、結構出会い目的で使う人が多いみたいですね。一応hello talkでドイツ人と会ったことがあるので、そのことについて今回まとめたいと思います。 (adsbygoogle = wi

クリスマスマーケットでもマシンガンを持った警官が立つようになったようです。

ヨーロッパクリスマスマーケットまとめ

トミーロビンソン

上の動画で、なかなかメンタル強いインタビュワーだなーって思ってたら、

この人以前にイギリスで逮捕されたことがあるようです。

日本でこんな人がいたら、殺されているかもしれません

もしくは既に殺害済み?

#Panodrama – An Exposé of the Fake News BBC!

このビデオによるとfacebookはトミー・ロビンソンのビデオを削除してしまったようです。

この人は真実のみを追い求める、ジャーナリストの鏡ですね。

日本はなんだかんだで安全な国

著名人でも日本を否定的に捉えている人は多いものの、

日本にいいところはたくさんあります。

日本人が間違いなく誇っていいこと2019

特に治安の良さ・清潔さに関してはダントツにいいといえるでしょう。

私もかつてそうでしたが、日本人は欧米を持ち上げすぎのような気がします。

アメリカもヨーロッパも、日本と同様に、経済危機に瀕していますし、

日本がやばいというより、世界中どこもヤバいといえそうです。

立花孝志

トミーロビンソン見ていたら、元NHK職員の立花孝志さんを思い出しました。

元NHK職員で政治家YouTuber立花孝志がお届けする【NHK受信料を支払わない方法】

この人の話はどこまで本当なのかは定かではないですが、全て嘘ではなさそうですね。

しかも最近、参議院議員になっちゃいましたね。

本当すごい人です。

かつて特別会計を言及してら殺された、石井紘基議員のように殺されないことを節に願うだけです。

当選した理由:見せ方が上手い

まず、大体の人が立花さんのことを”NHKをぶっ壊す”の人だと認識していることと思います。

しかし話を聞いてみると、真意は別にNHKを壊したいわけではなく、スクランブル放送(テレビ放送で契約した人だけが視聴できるようにするシステムのこと。)を導入したいということ。

やはりスクランブル放送の導入といっても、ピンと来ない人が多いので、”NHKをぶっ壊す”といった、サルでもわかるフレーズを用いたのでしょう。

現に小泉首相が当時に当選したのも、”郵政解散”といった分かりやすいフレーズを用いたからでした。

最近のヨーロッパの宗教観

日本人だとヨーロッパの全ての人はキリスト教徒でプロテスタントかカトリックのどちらかの信者かと思いがちですが、今はヨーロッパの人でも無宗教という人も多いようです。

実際私もドイツやイタリアの人で”自分は無宗教だ”といった人に会い、その時は驚きました。

スポンサーリンク