スウェーデン(ストックホルム)観光まとめ

スポンサーリンク
海外情報
dav

スウェーデンと言ったら、何を思い浮かべますか?

 

クルマ好きならボルボ、家具好きならIKEA、服が好きならH&Mといったところでしょうか。

 

今回はそんなスウェーデンに関してまとめていきたいと思います。

海外・国内ブランドが越境すると値段が違いすぎる

 

ストックホルム宮殿

ストックホルムの観光名所はまとまっているので観光しやすいですが、浮島を橋でくっつけたような地形になっているため、移動の際には逐一橋を渡らなければなりません。

ストックホルム宮殿

中でもおすすめなのが、ストックホルム宮殿です。

私は中に入らなかったのですが、守衛さんの巡回がおもしろかったです。

■ 王宮(Kungliga slottet)
時間:5月~9月 10–17時 (7月〜8月は 毎日9時~)
10月〜4月 10–16時
定休日:10月〜4月の月曜日、Walpurgis Night(4/30)、クリスマスとイブ
料金:大人160 SEK 、7~17歳は80SEK (美術館なども含むコンビネーションチケットは大人180SEK)
HP:http://u0u0.net/FuQ6
アクセス:地下鉄ガムラスタン駅から徒歩7分

参考元サイト

スウェーデンのエナジードリンク

スウェーデンのエナジードリンク

ちなみにヨーロッパに行くと、レッドブル1.5ユーロくらいで買えます。

 

世界のエナジードリンクは、下記記事でまとめましたので、ご確認ください。

世界のエナジードリンクまとめ(タイ・スウェーデン・スイス)

 

スウェーデン王立歌劇場 Kungliga Operan

こちらは観光客向けというよりは、地元の人が平日に行く場所のようです。

名前の通り、オペラやバレエが公演されるようで、歌劇が好きな人にはぜひおすすめです。

公式サイト

1チケット約360円〜と、思ったよりもお求めやすい値段となります。

 

フォトグラフィスカ Fotografiska

View this post on Instagram

#fotografiska#フォトグラフィスカ#huaweip20lite

A post shared by Mayumi (@maruco9999) on

ちょっとマイナーな観光地、フォトグラフィスカ。

中心地から離れているので、行くのも結構めんどくさかったです。

まあ、行かなくていいかなという感じ。

 

唯一神、又吉イエス

基本的にフォトグラフィカはおしゃれな写真が集まっているのですが、なんと唯一神の又吉イエス様が展示されているではありませんか。

 

正直私もあまり知らないのですが、2ちゃんの西村博之さんのブログで取り上げられていました。

参考:http://hiro.asks.jp/101445.html

 

なんでも自らをイエス・キリストと謳い、選挙活動を行っていたようです。

 

スカンセン

スカンセンは世界で最も歴史のある野外博物館です

公式ホームページ

私は行きませんでしたが、基本的には家族連れで楽しむところのようです。

北方民族博物館 Nordiska museet

どうやらここも家族連れで行く場所のようでした。

 

ロッカールーム前には、ベビーカーがたくさん!

 

dav

dav

dav

まあ、別に行かなくていいかなと思います。

 

sdr

dav

mde

mde

dav

dav

dav

mde

dav

dav

近代美術館 Moderna Museet

現代アートの美術館になります。

 

無料で観覧できるスペースも広いので、アートとかよくわかんないって人は無料で十分楽しめるでしょう。

 

ちなみに私は無料スペースしか行っていません。

 

dav

ちょっと常人ではなかなか理解できない作品。

 

これもアートのようです。

 

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

 

こちらはお菓子の作品。

 

どうやら素人作品のようで、割とクオリティー低めです。

 

#まあ無料ですからね。。。

 

dav

dav

dav

dav

dav

dav

dav

上の写真がなんだか分かりますか?

 

実はこれ、白鳥なんです。

 

大量に湧く白鳥。

 

美しいはずの白鳥も、こんなにたくさんいると、気持ち悪く思えてしまいます

 

月並みのスケートリンク。

 

シェア自転車。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
海外情報
はげまるをフォローする
スポンサーリンク
一人旅女坊主ブログ
スポンサーリンク