ワーキングホリデーは辞めたほうがいい?ニュージーランド とオーストラリアの違い〜ワーホリに行くとしたらどっち〜2019 | 世界の宗教とスピリチュアル

ワーキングホリデーは辞めたほうがいい?ニュージーランド とオーストラリアの違い〜ワーホリに行くとしたらどっち〜2019

ニュージーランド とオーストラリア、日本にいるとどっちも英語園で南半球、大して変わらないのではと思ってしまいます。

婚活でうまくいかない/モテない/結婚諦めたいはもったいない!日本女性は超モテる
モテない? 日本女性として生まれてモテないことは絶対にありません。 外国人と結婚を視野を入れてみてください。 日本ブランド最強説 海外に来ると、日本を知らない人は意外と多いのですが、逆に日本を知っている人...

 

実際に行ったことがある管理人が、違いをまとめていきます。

 

ニュージーランドは、観光ビザの申請が不要の割には、帰りのチケットがないと、飛行機に乗れなかったり、wwoof(ウーフ)をやるのには、ワーホリなどの労働ビザが必要だったりして、意外と柔軟な国ではないようです。このことについては、後述します。

結論:オーストラリア

もちろん、個人によって感想は異なるのが大前提ですが、どちらも経験した人の話を聞いているとオーストラリアの方がよかったという意見が多かった印象です。

 

ニュージーランドはオーストラリアよりも若干ですが、物価が高く仕事が少なくなります。

 

オーストラリアからニュージーランド来た人は、一様にオーストラリアを絶賛していました。

 

オーストラリアは安宿に仕事の情報が貼ってあり、仕事を探さずともすぐに見つかるとのことでした。

 

国土

オーストラリア

やはり何と言っても、国土が広大です

 

7,692,024㎢。

これは世界第6位の国土面積に相当します。

 

このため、街と街との間がゆうに100kmを超えることも珍しくはないんだそうです。

 

なので一概にオーストラリアといっても、同じオーストラリアの国内でも場所によって、気候も文化もだいぶ違ってきます

 

ニュージーランド

268,680km2(世界面積73位)。

 

地図を見れば、一目瞭然。

 

なんと、オーストラリアはニュージーランドの28倍の国土面積なんだそうです。

 

ニュージーランドは山がありますので、まず川の水質がキレイです

 

山の氷河が溶け出して、川の美しさを際ださせているのですね。

 

ニュージーランドの川の綺麗さには思わず感動してしまいました。

 

また、狭い範囲で高低差がありますので、近距離で土地の変化を楽しめます。

 

生卵をぶつけられる?

他のサイトを見ると、生卵をぶつけられたというエピソードが書かれていました。

 

実際1年以上、オーストラリアに住んでいた方に話を伺ったのですが、何それ!?と言っていました。

 

どうやらその人はオーストラリアでアジア人が、生卵をぶつけられる話自体を知らなかったようでした。

 

前述の通り、オーストラリアは広いので、生卵をぶつけられるのは場所によるのかもしれませんね。

 

 

ワーキングホリデー

どちらもワーキングホリデー制度を設けており、

どちらに行こうか迷っている人も多いかと思います。

オーストラリアの申請場所と注意点

日本人はラッキーなことに、最大2年もオーストラリアでワーキングホリデーをすることができます。

とはいえ残念ながら、第三国からのビザの申請はできません

ヨーロッパの多くの人は、第三国からのビザの申請は可能のようですが、日本人は日本でしかオーストラリアのビザの申請はできないようです。

参考

ニュージーランド

管理人は羊の毛を刈りに行くため、ニュージランドを選択した訳ですが、羊はそれなりに抵抗するので、かなりハードワークなようで早々に諦めました。

なので女性は厳しく、体格のいい男性でも、腰を痛めるとのことでした。

ちなみに管理人は女性で、体力に自信があるわけではないので、早々に羊の毛を刈る仕事は諦めることにしました。

ニュージーランド入国の際の注意点

ニュージーランドに入国する際は、帰りのチケットか、ワーキングホリデービザがないと、入国できません。

そして知らずに、空港に来てしまうと、飛行機の乗車拒否をされてしまいます。

なのでその場でなんらかのチケットとるハメになります。

*日本行きのチケットでなくていい

ニュージーランド入国審査厳しくなった?入国拒否されそうになった話〜特に旅人注意!〜

ワーホリ注意点:日本食レストランは避けろ

いくら英語ができないからといって、ジャパレスは極力避けた方が良いです。

なぜなら最低賃金以下で働かされることがあるからです。

英語ができないと、雇ってもらえない、すぐにクビになることもある様ですが、

諦めなければ、仕事はありますので、

最初は辛いかもしれませんが、諦めないでください

英語ができない、それでもファームで働くべき

ちなみに、オーストラリアに2年いて、そのほとんどをファームで働いたことのある人に会ったことがあるのですが、正直あまり英語ができていませんでした

なので、ファームは英語はさほど必要ないということと同時に、

大して英語力が伸びない、といったことが挙げられると思います。

ワーホリに英語力向上を求めるのは、筋違いのようですね。

やっぱり、英語は自分で勉強しない限り、伸びないのでしょう。

英語学習のすすめ

移住すれば英語を話せるという誤解

働くなら絶対にファームステイ

なぜ大自然の国、オーストラリアやニュージーランドで、ファームで働かず、クソまずい日本食レストレランで働こうとする人がいるのか、甚だ疑問です。

前述した通り、日本食レストランは、低賃金以下で働かされることもあるようですし、あえてレベルの低い外国の、日本食レストランで働かなくていいんじゃないでしょうか。

ファームでしたら、飯も付いてくるし、宿も仕事も付いてくるし、いいことづくし。

ニュージーランドの人の暮らしも見えるしね。

ホームステイの働くバージョン。

最高だと思いますよ!

ニュージーランドwwoof(ウーフ)注意点

ニュージーランドでwwoofをやる際、仮にお金をもらわないとする。

しかしその場合でも、ワーキングホリデービザは必要なんだとか。

参考:https://ns2blog.com/post-658

確かにバレなきゃオッケーなのかもしれないけれど、

下手すりゃ、他の国で入国拒否されることもあり得なくはないので、

極力辞めた方がいい。

*ちなみに日本で労働ビザがないのに、働いている外国人が知り合いにいます。

*オーストラリアでビザが切れているにも関わらず、滞在し続けて、ニュージーランドのワーホリのビザ申請を拒否された日本人を知っています。

他のサイトで、ニュージーランドでもワーホリなどの労働ビザは不要

といった記述が見られたが、前述した通り、それは誤っている情報になります。

なんか本当みんな適当だよね!

今からじゃもう遅い?ブログがオワコンじゃない理由

ビザのチェックはない

31歳以上や、ニュージーランドの短期滞在で、ウーフに興味がある人もいるでしょう。

実際ウーフを管理人は観光ビザでやっていました。

#日本人は観光ビザであれば、特に申請は不要。

実際他のブロガーも、明らかに観光ビザでやっている人もいるので、どうしてもやりたいということであれば、自己責任でやってもいいのではないでしょうか。

Wwoofは実はおすすめしない

ファームといったら、wwoofだと思うのですが、管理人はおすすめしません。

なぜならホストからの返信率が悪いから。

helpxという、wwoofの類似サイトがあるのですが、そちらは、ホストの登録料がいらないため、こちらの方が、ホストの登録者数が多いことが挙げられます。

ニュージーランドのワーキングホリデービザの現地申請に関して

オーストラリアはワーキングホリデーの現地申請ができませんが、ニュージーランドは現地申請可能です。

といっても、実際は日本で申請した方が安いです。

現地だと申請費用がかかってしまうので、仮に健康診断が現地の方が安くても、結局申請費用の方が高くついてしまうので、出来るだけ日本でビザの申請をした方がいいでしょう。

スポンサーリンク